ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.06.29現在
技術
名称
アスファルト混合物専用保温シート 保温レンジャー 
事後評価済み技術
(2016.10.13)
登録No. KT-130071-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













(2016.10.13〜)
旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
-VE評価:平成28年10月13日〜
活用促進技術 平成28年10月13日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.11.07
副    題 輸送時のアスファルト合材の温度を保持する 区分 製品
分 類 1 舗装工 − アスファルト舗装工 − アスファルト舗装工 − 車道舗装工
分 類 2 舗装工 − アスファルト舗装工 − アスファルト舗装工 − 歩道舗装工
分 類 3 舗装工 − アスファルト舗装工 − 排水性舗装工 − 車道舗装工
分 類 4 舗装工 − アスファルト舗装工 − 排水性舗装工 − 歩道舗装工
分 類 5 道路維持修繕工 − 道路打換え工  
概要
@何について何をする技術なのか?
・アスファルト混合物輸送時における温度低下を最小限に抑えるシート。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・麻袋(マタイ)と帆布(トラックシート)の2枚掛け。

B公共工事のどこに適用できるのか?
・舗装工事全般のアスファルト混合物ダンプトラック輸送時。

Cその他
・材質は保温したい対象物側(内側)がポリエステル帆布、不織布層がポリエステル製不織布、大気等と接する側(外側)がターポリンシート。
・空気層3層を含む7層構造の製品で、アスファルト混合物と外気温の差で空気層が膨らむが、空気抜き用の穴が内側に設けてあり、適度な膨らみを保ちつつ、内側にのみ空気を逃がすので保温効果を損なわない設計となっている。
・保温レンジャー製品一覧表にないサイズは別途受注生産とする。
保温レンジャー製品一覧表
 10t車ダンプタイプT 10t車ダンプタイプU 4t車ダンプ 2・3t車ダンプ 10t車ダンプ特殊タイプ 8t車ダンプ 
サイズ(自動シート有) 2450×5500mm 2350×5300mm 2300×3580mm  1750×3300mm オーダー品 オーダー品 
サイズ(自動シート無) オーダー品 オーダー品 オーダー品 2200×3500mm オーダー品 オーダー品 
寒冷地仕様(自動シート有) 2450×5500mm 2350×5300mm 2300×3580mm  1750×3300mm オーダー品 オーダー品 
寒冷地仕様(自動シート無) オーダー品 オーダー品 オーダー品 2200×3500mm オーダー品 オーダー品 
サイドプロテクト オーダー品 オーダー品 オーダー品 オーダー品 オーダー品 オーダー品 

製品概要写真
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・アスファルト混合物輸送時の保温シートを麻袋(マタイ)と帆布(トラックシート)の2枚掛けから空気層を含む7層構造のシートに変えた。



A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・空気層を含む7層構造のシートに変えたことにより、アスファルト混合物の温度低下が抑制され品質の向上が図られる。
・空気層を含む7層構造のシートに変えたことにより、シート掛け作業が1枚で済むため施工性が向上し工程短縮が図られる。
・空気層を含む7層構造のシートに変えたことにより、シート繊維の素材価格により1枚当たりの単価は高くなるが、耐久性が高まっているため長期使用で単位あたりの単価が安くなる。
・空気層を含む7層構造のシートに変えたことにより、アスファルト混合物製造過程におけるCO2排出量が削減され、地球環境への影響抑制が図られる。

Bその他
・保温レンジャー導入前後でのアスファルト混合物製造過程におけるCO2排出量比較表の各数値は、東京ガスからのガス使用量を基に特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令(平成18年3月29日経済産業省・環境省令第三号)にて謳われている係数にて算出。
・Co2排出量比較表は、平成22年6月から平成23年5月製造量139,853t、平成23年6月から平成24年5月製造量131,065tの神奈川県大和市のプラントの実績から算出した。
保温レンジャー導入前後でのアスファルト混合物製造過程におけるCO2排出量比較表
 単位 H22.6月 H22.7月 H22.8月 H22.9月 H22.10月 H22.11月 H22.12月 H23.1月 H23.2月 H23.3月 H23.4月 H23.5月 計 
導入前製造数量 t 16,838 7,744 9,119 10,778 16,097 16,856 13,589 8,915 10,099 14,754 7,522 7,542 139,853 
導入前CO2排出量 tCO2 359.23 179.58 203.67 234.13 323.36 339.79 301.71 214.55 239.51 343.62 163.90 180.40 3083.45 
 単位 H23.6月 H23.7月 H23.8月 H23.9月 H23.10月 H23.11月 H23.12月 H24.1月 H24.2月 H24.3月 H24.4月 H24.5月 計 
導入後製造数量 t 7,037 11,522 5,905 7,692 12,350 12,379 12,636 11,099 14,414 20,494 6,050 9,487 131,065 
導入後CO2排出量 tCO2 141.70 256.51 134.36 172.18 269.75 265.42 289.32 237.78 309.53 439.79 155.01 184.90 2856.25 
 
適用条件
@自然条件
・特になし。

A現場条件
・特になし。

B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限なし。

C関係法令等
・廃棄物の処理及び清掃に関する法律『(発行年:平成15年12月 発行元:経済産業省)』
適用範囲
@適用可能な範囲
・舗装工事全般のアスファルト混合物輸送ダンプトラック荷台用。

A特に効果の高い適用範囲
・特殊アスファルト混合物(排水性アスファルト合材・カラー合材等)、アスファルト混合物の遠距離輸送時。
・アスファルト混合物の温度低下が著しい冬場の輸送時。

B適用できない範囲
・舗装工事全般のアスファルト混合物輸送ダンプトラック荷台用以外。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・社団法人日本道路協会『アスファルト混合所便覧(平成8年度版)』
・社団法人日本道路協会『舗装施工便覧(平成18年度版)』
留意事項
@設計時
・車両の車種、寸法を確認し、最適なサイズの保温レンジャーを選択する。
・保温レンジャー製品一覧表にないサイズは別途受注生産とする。

A施工時
・アスファルト混合物接地面と外気に触れる面が決められているのでシート掛の際に表裏を確認すること。
・シートをたたむ際にアスファルト混合物接地面側が高温になっているのでやけど等に注意する。
・シートが燃えるおそれがあるので火気に近づけないこと。
・外気に触れる面をダンプ自動シートで押さえたり、物を置かないこと。

B維持管理等
・シートを廃棄処分される際は廃棄物処理法・都道府県条例に従って処理すること。
・処分先は許可を受けた産業廃棄物処理業者に処理を委託すること。

Cその他
・使用条件によって内外温度差によりシート内側に露が発生する場合あり。