NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.06.29現在
 
技術
名称
ランディングボックス(足場作業用簡易リフト) 
事後評価未実施技術 登録No. KT-130051-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2013.09.19
副    題 足場作業の施工性を向上させる作業用リフト 区分 機械
分 類 1 仮設工 − 足場支保工 − 足場工 
分 類 2 仮設工 − 仮設材設置撤去工  
分 類 3 建築 − その他  
概要
@何について何をする技術なのか?

・足場資材を荷揚げするための簡易リフト


A従来はどのような技術で対応していたのか?

・クレーンおよび人力による荷揚げ作業


B公共工事のどこに適用できるのか?

・足場の組立、解体を行う土木・建築等工事現場

Cその他

・電動式チェーンブロックにより昇降させる
・150Kgまで積載可能
・チェーン切断時に備えた自動ブレーキを装備
・チェーンブロックは無線リモコンにて操作する

ランディングボックス設置状況
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

・荷揚げ方法をクレーンおよび人力から簡易リフトに変えた。


A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

・簡易リフトに変えたことにより、玉掛けなどの荷締め作業を必要とせず施工手間が減るため、施工性の向上が図れます。

・簡易リフトに変えたことにより、玉掛けの施工手間が減り施工性が向上するため、工程の短縮が図れます。

・簡易リフトに変えたことにより、労務費が低減するため、経済性の向上が図れます。

・簡易リフトに変えたことにより、ブレーキ装置が装備され、万一チェーンが切れた場合、破断時に備えた自動ブレーキが作動するため、安全性の向上が図れます。

ランディングボックス使用効果
適用条件
@自然条件
・10分間の平均風速が10m/s以下であること

A現場条件
・占有スペースとして、0.78m×0.55m=0.429u 以上のスペースが必要

B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限無し

C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・チェーンブロックの最大揚程30m以下
・積載物の長さ4,000o以下
・最大積載量150Kgまでの積載
・地面に対して建地を垂直に施工する現場

A特に効果の高い適用範囲
・高さ10メートルを超える足場を設置する現場

B適用できない範囲
・チェーンブロックの揚程30m超となる設置
・積載物の長さ4,000o超
・最大積載量150Kg超の積載
・地面に対して建地を垂直に施工できない現場

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし
留意事項
@設計時
・設置する足場は「ランディングボックス」取扱い説明書(2 取扱注意事項 ・昇降作業@)に準拠して、
壁つなぎを適切に使用すること。
・ランディングボックスを隣接して2基設置する場合には、チェーンブロックリモコンの周波数が同一周波数とならぬよう留意する。
・設計する際は信和鰍ノ問い合わせ、ランディングボックス取扱い説明書を取り寄せること。

A施工時
・取扱説明書に基づいた設置・操作をすること。
・100V電源(外部電源または、2.1kVA以上の発電機)を用意する。
・第三者との仮設電源併用時には特に、電圧降下に注意すること。
・電源ケーブルと稼動部の干渉、接触を防ぐため、十分に養生を行うこと。
・最大積載重量150Kgを厳守すること。
・人の昇降には絶対に使用しないこと。
・足場内及び搬器への第三者が侵入することを防止する措置を行うこと。

B維持管理等
・始業前、終業後に日常点検を行い、劣化、破損があれば新品に交換すること。
・リモコンは衝撃、水濡れに弱いため、保管管理に注意すること。

Cその他
・電源コード類は漏電ブレーカー付を使用すること。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について