NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.15現在
 
技術
名称
静止画遠隔監視システム STAND GUARD(スタンドガード) 
事後評価未実施技術 登録No. KT-130049-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2014.10.27
副    題 カメラを設置、電源を入れて即監視可能 完全ワイヤレスの新しい遠隔監視システム 区分 システム
分 類 1 電気通信設備 − 電子応用設備 − 管理用カメラ、センサー設備 − カメラ
分 類 2 機械設備 − 遠方監視操作制御設備  
概要
@何について何をする技術なのか?
・監視カメラ・太陽電池・バッテリーで構成された遠隔監視システム

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・電気引込・通信工事を伴うインターネットを利用した監視カメラ

B公共工事のどこに適用できるのか?
・遠隔管理用カメラ設置工事

Cその他
・バッテリーは無日照が連続で7日続いても運用できる容量を持つ。 (東京都内に設置した場合で算定:撮影枚数24枚/日として)
・電源は商用電源にも対応可能。
・日照時間が0.75時間以上2.3時間未満の場所では、太陽電池を増設することで監視が可能となる。
・監視画像はクラウドサーバ上に蓄積されるためインターネットを介してどこからでも確認できる。
・画像は5分に1枚撮影可能。
・撮影枚数を無制限にすることも可能。
・各種センサーと連携してデータを取得することも可能。
・監視装置に接続した機器のON/OFFの制御ができる。
・工事現場での安全管理のための監視や進捗状況の確認に活用できる。
・現場事務所や資材置き場の防犯のために活用できる。
・不法投棄の監視のために活用できる。
・河川監視などに活用できる。
・道路の冠水監視などに活用できる。
機器仕様
電源 DC11V〜15V 
最大消費電力 5.2W以下 
本体大きさ (W)220x(H)217x(D)255mm(金具・突起部含まず) 
本体質量 3.0kg以下 
防塵防水性能 IP55相当 
太陽電池パネル大きさ (W)350x(H)538x(D)35mm(突起部含まず) 
太陽電池パネル質量 2.6kg以下 
太陽電池パネル出力 20W 
ソーラー電源部大きさ (W)232x(H)240x(D)150mm(ケーブル・突起部含まず) 
ソーラー電源部質量 13kg以下 
バッテリー容量 26Ah 
カメラ部撮像素子 CMOSセンサ 
カメラ部画像サイズ SXGA、VGAなどに対応 
カメラ部最大画素数 130万画素 
センサー入出力 アナログ入力:3ポート、デジタル入力:4入力、デジタル出力:2出力 
使用温度 -20℃〜+50℃ 
仕様湿度 相対湿度 25%RH〜85%RH(結露しないこと) 
対応ブラウザ Internet Explorer 8以上、Firefox 3.5以上、Google Chrome 8以上、Safari 5以上 

スタンドガード製品イメージ
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・監視カメラの電源を商用電源から太陽電池パネルとバッテリーに変えた。
・監視画像の転送方法を有線通信からFOMAや無線LANなどの無線通信に変えた。
・撮影待機時の電源供給を供給方式から止める方式に変えた。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・太陽電池パネルとバッテリーに変えたことにより、電気引込工事が不要になり、工程が短縮され経済性が向上する。
・FOMAや無線LANなどの無線通信に変えたことにより、設置場所までの電気引込・通信工事が不要となり、工程が短縮され経済性が向上する。
・太陽電池パネルとバッテリー及び無線通信に変えたことにより、設置作業が簡素化され、施工性の向上が図れる。
・撮影待機時の電源供給を止める方式に変えたことにより、省資源・省エネルギーにつながり、周辺環境への影響が低減できる。

B詳細
・従来では停電に対応するためにはUPSなどが必要だったが、バッテリーが付属しているため停電への対策が不要となる。
・バッテリーは無日照が7日続いても運用できる容量を持つ。
(東京都内に設置した場合で算定:一日あたりの日照時間平均3.38時間、撮影枚数24枚/日として)
(日照時間は気象庁の統計データからここ20年で最も日照の少なかった2006年のデータで算定)
・取得した監視画像はクラウドサーバ上に保存されるためインターネット回線があればOSなどに依存することなく、パソコンやスマートフォン、タブレットなどを使用して画像を確認することができる。
・監視画像はクラウドサーバ上に保存され、過去の監視画像を閲覧することができる。
・今まで監視が難しかった山間部の監視を容易に行うことができる。

監視画面の例
適用条件
@自然条件
・特になし

A現場条件
・設置スペースとして、1m×1m=1m2程度必要

B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限なし

C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・FOMAサービスエリアもしくは無線LANでの接続が可能な場所。
・一日の日照時間が2.3時間以上になると見込まれる場所。
・周辺気温が-20℃以上、+50℃以下の場所。

A特に効果の高い適用範囲
・特に付近に電源がない場所や通信環境が整っていない場所等、従来監視ができなかった場所での監視に効果的です。

B適用できない範囲
・FOMAサービスエリア外もしくは無線LANでの接続ができない場所。
・一日の日照時間が2.3時間未満になると見込まれる場所。
・周囲気温が-20℃未満、+50℃超になる場所。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし
留意事項
@設計時
・日本無線に問い合わせをして入手したSTANDGUARD取扱説明書を参照して設計を行う。
・FOMAサービスエリア内であることを確認する。
・無線LAN使用時には、サイトサーベイ(無線LAN伝搬調査)を実施することを推奨する。

A施工時
・STANDGUARD取扱説明書を参照して施工を行う。
・暴風や地震などにより機器が落下しないように固定する。
・電源の+と-が正しく接続されていることを確認する。
・太陽電池パネルが日照の良い南側に向けて設置されていることを確認する。
・カメラが監視したい場所に向けて設置されていることを確認する。
・監視画像の取得テストを行い、通信が確立されていることを確認する。

B維持管理等
・太陽電池パネルに汚れがつくと発電効率が低下するので定期的に清掃を行う。
・バッテリーの経年劣化を考慮して定期的にメンテナンスを行う。

Cその他
・特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について