NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.15現在
 
技術
名称
ぴたあっと 
事後評価済み技術
(2017.09.05)
登録No. KT-120092-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
-VE評価:平成29年9月5日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.03.30
副    題 GPS搭載スマートフォンを用いた工事車両運行管理システム 区分 システム
分 類 1 土工 − 施工管理 − 施工管理 − その他
分 類 2 共通工 − 情報化施工  
概要
@何について何をする技術なのか?
・GPS搭載スマートフォンを利用した運行管理システム

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・誘導員による運行管理

B公共工事のどこに適用できるのか?
・工事用車両の運行管理

Cその他
・GPS搭載スマートフォンを工事用車両に搭載することで、各車両の走行履歴や速度情報をリアルタイムで取得・保存・送信できます。
・ハザードマップを作成し、指定の地域にさしかかるなど特定の条件下において音声ガイダンスを再生することができます。
・GPS搭載スマートフォンは弊社からレンタルします。
・生コン車運行管理に特化した、「ぴたあっと コンクリート施工版」もあります。

ぴたあっと概要
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・工事用車両の運行管理を、誘導員による人的指示から、GPS搭載スマートフォンを利用した指示システムに変えた。
・運行記録の作成を、人手による作成から、PCによる自動作成に変えた。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・GPS搭載スマートフォンを利用した指示システムに変えたことにより、誘導員の人件費を削減できるので、経済性の向上が図れます。
・GPS搭載スマートフォンを利用した指示システムに変えたことにより、正確な速度監視・ルート監視を実施できるので、安全性の向上が図れます。
・GPS搭載スマートフォンを利用した指示システムに変えたことにより、誘導員を配置していない場所でも運行管理ができるので、安全性の向上が図れます。
・GPS搭載スマートフォンを利用した指示システムに変えたことにより、制限速度や特定エリアを音声ガイダンスで警告できるので、安全性の向上が図れます。
・GPS搭載スマートフォンを利用した指示システムに変えたことにより、他の工事用車両が近接警報エリアに侵入すると警告することができるので、省人化でき、施工性の向上が図れます。
・PCによる自動作成に変えたことにより、運行記録作成の手間を省略できるので、施工性の向上が図れます。

事務所管理画面
適用条件
@自然条件
・特になし

A現場条件
・工事用車両の車内に以下の部品を設置できるスペースが必要
W90×D130×H170mm
耐荷重:約700g

B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限無し

C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・GPS衛星が受信できる地域。
・運行管理対象となる車両台数が1サーバーあたり200台未満の現場。

A特に効果の高い適用範囲
・市街地などを工事用車両が通行する必要のある工事現場。
・運搬量の多い(管理する工事車両の台数が多い)工事現場。

B適用できない範囲
・GPS衛星が受信できない地域。
・運行管理対象となる車両台数が1サーバーあたり200台以上の現場。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし
留意事項
@設計時
・弊社ホームページやカタログをご覧ください。
・利用地域において、GPS衛星が受信できるか否かの確認を必要とします。
・情報をリアルタイムで把握できる「リアルタイム」モードか、通信料のかからない「オフライン」モードのどちらを使用するか決定します。
・「リアルタイム」モードを使用する場合には、スマートフォンの通信エリア内であることと、事務所PCがインターネットに接続できることを確認します。
・車両への設置は、シガーライタへの電源ケーブルの接続と、窓ガラスもしくはダッシュボードに吸盤で専用金具を取り付けます。それらが運転時視界の妨げにならないことを確認します。

A施工時
・スマートフォンの車両への取り付けは、車載ホルダーの説明書を参照して、GPS衛星が受信できる位置に取り付ける。
・スマートフォンのソフトウェアのインストール、および、初期設定は弊社で実施済み。

B維持管理等
・スマートフォンへ充電が十分にできていること。もしくは、電源ケーブルを接続していること。

Cその他
・特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について