NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.08.26現在
 
技術
名称
マイクロプリズム型高輝度反射シート 
事後評価済み技術
(2017.09.05)
登録No. KT-100087-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
-VE評価:平成29年9月5日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.06.24
副    題 道路表示板向け高輝度反射シート 区分 材料
分 類 1 仮設工 − 仮設材設置撤去工  
分 類 2 付属施設 − 道路付属物工  
分 類 3 付属施設 − 道路標識設置工  
概要
@何について何をする技術なのか?
・工事看板や交通標識等に貼り付けるマイクロプリズム型再帰反射シート

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・カプセルレンズ型再帰反射シート

B公共工事のどこに適用できるのか?
・工事現場における保安施設。標示板(工事予告)、警戒標識、道路案内標識工事、交通規制材等。


Cその他
・T-6500(W-6500)シリーズは、標識用(工事看板用)に貼り付けるマイクロプリズム型高輝度反射シート。製品番号の違いは耐久性で、T-6500シリーズは10年、W-6500シリーズは3年の耐久性としている。
・T-7500シリーズ:交通標識及び交通規制材等に貼り付けるマイクロプリズム型超高輝度反射シート
・WR-6100シリーズ:交通規制材等に貼り付ける柔軟素材のマイクロプリズム型高輝度反射シート
・アクリルフィルムを主素材としたプリズム型再帰反射シート(T-6500シリーズ/W-6500シリーズ、T-7500シリーズ)
・アクリルフィルム及び塩ビフィルムを主素材としたプリズム型再帰反射シート(WR-6100シリーズ)
・従来のプリズム型反射シートよりも反射性能を向上させた(T-7500シリーズ)
・対応色は白、黄、青、緑、茶、赤、オレンジ、蛍光黄、蛍光オレンジ、蛍光黄緑
・表面に処理をしているため印刷が可能。対応インク(インクジェット印刷・UV硬化印刷・熱転写印刷-Matan社)と専用のオーバーラミネートを用意している。
・再帰反射の性能を机上で想定できる幾何関係出力プログラムERGO2001に基づいて施工可能。
・サイズは1220mm x 45.7m
・反射シートの裏面に感圧型の粘着剤を塗布してある、シート状の反射シート
・剥離フィルムをはがすだけで貼付可能であり、対象物への施工が容易
・反射シートを回転しても反射性能が変化せず(マルチアングル)、見え方が一定であるため、切り文字加工時に無駄なく文字を配置することができ、また、施工時に反射シートの向きを気にせず施工することができる。
・自社基準として、米国材料試験協会(American Society for Testing and Materials, ASTM International)の再帰反射シートに関する規格である、ASTM D4956を採用している。
製品一覧と性能
製品番号 色調 最小再帰反射係数(入射角:-4°・観測角0.1°・(cd/lx/m2) 製品番号 色調 最小再帰反射係数(入射角:-4°・観測角0.1°・(cd/lx/m2) 
T-6500/W-6500 白 500 T-7500 白 1000 
T-6501/W-6501 黄色 380 T-7501 黄色 750 
T-6505 青 42 T-7505 青 45 
T-6507 緑 70 T-7507 緑 100 
T-6508 赤 90 T-7508 赤 150 
T-6509 茶 25 T-7509 茶 30 
W-6504 オレンジ 200 T-7511 蛍光黄色 600 
W-6511 蛍光黄色 300 T-7513 蛍光黄緑 800 
W-6513 蛍光黄緑 400 W-7514 蛍光オレンジ 300 
WR-6100 白 300      
WR-6101 黄色 200      
WR-6104 オレンジ 120      

T-6500シリーズ&T-7500シリーズ外観
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?
・反射素子をガラスビーズからプリズムに変更した。

A期待される効果は?
・プリズムに変更したことにより、従来のガラスビーズの反射効率が30%であるのに対しプリズム素子の反射効率は75%と大幅に向上したため、再帰反射性能がおよそ2倍となり、品質が向上した。
・プリズムに変更したことにより、白色の再帰反射性能すなわち視認性が向上したため、十分な制動距離を確保できる距離(275m以上の距離)からドライバーへの喚起を促すことができ、また、薄暮時、夜間、悪天候時等の工事現場や作業現場の安全確保が期待できる。

Bその他
・反射素子をプリズムに変更しただけでなく、プリズム構造についても形状と配列を見直した新しい構造を採用している。これにより、現在使用されているプリズム型反射シートと異なり、反射シートを回転しても再帰反射性能に影響がない。
最小再帰反射係数
観測角/入射角 T-6500/W-6500 T-7500 WR-6100 *ASTM *D4956の測定方法による 
0.1°/-4° 500 cd/lx/m2 1000 cd/lx/m2 300 cd/lx/m2  
0.1°/30° 240 cd/lx/m2 460 cd/lx/m2 180 cd/lx/m2  
0.2°/-4° 360 cd/lx/m2 700 cd/lx/m2 250 cd/lx/m2  
0.2°/30° 170 cd/lx/m2 325 cd/lx/m2 150 cd/lx/m2  

プリズムの再帰反射の仕組み
適用条件
@自然条件
・特になし

A現場条件
・特になし

B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限なし

C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・施工面のサイズに合わせ、カットもしくは貼り合わせすることにより、様々なサイズに対応可能
・アルミニウムに適用可能(T-6500/W-6500、T-7500シリーズ)
・プラスティック(HDPE、LDPE)に適用可能(WR-6100シリーズ)
・平面および曲面に適用可能

A特に効果の高い適用範囲
・薄暮時、夜間、悪天候時等、視界の悪い場所

B適用できない範囲
・粘着性が劣ることがあるので、塗装していないステンレス面には貼付けできません
・T-6500/W-6500、T-7500シリーズのシートは、柔軟性が低いため曲面には貼り付けできません

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・道路工事保安施設設置基準(関東地方整備局 国関整道管第65号 平成18年4月1日)
・道路標識設置基準・同解説(日本道路協会 平成21年2月9日 第25刷発行)
留意事項
@設計時
・製品データシートを参照してください

A施工時
シートの特徴
・感圧式の粘着材が塗工されていますので、水貼りは行わないでください

下地の準備
・アルミニウム平面と、HDPEまたはLDPE製ドラム型緩衝材以外の材料に貼付する場合には、事前にテストを行うことをお勧めいたします
・粘着性に影響しますので、貼り付け前に、汚れ、ほこり等をしっかりと取り除いてください。特に油汚れ、グリス、ワックスは完全に取り除いてください

(下地表面の確認方法)
・透明の粘着テープ等を下地に貼ってから剥がし、汚れがないか確認します
・表面に汚れがない場合、水滴を垂らすと、フィルム表面に均一に広がります。汚れがある場合は小さな水滴となります

貼付け前
・まず、指紋等を落とすため、アルコール、石油スピリット等の溶剤を染みこませた布で、端まで拭いてください
・溶剤が乾く前に、乾いたけば立ちの少ない布で、拭きあげてください

B維持管理等
・反射性能や粘着性に影響を及ぼすことがありますので、湿気を避けて保存してください。特にビニール等で覆わないでください
・反射性能や印字面に影響を及ぼすことがありますので、おもて面を内側にし、立てた状態で保管・輸送してください
・輸送中に反射面を傷つけないよう、しっかりと固定して輸送してください

クリーニング
・工事看板等をクリーニングする際は、反射層を傷つけないよう、pH4〜10の洗浄剤を使用し、柔らかいスポンジ等で拭き取ってください
・ひどい泥汚れや油汚れの場合は、目立たない部分でテストした後、ケロシン、ヘプタン等の溶剤を浸みこませた布でふき取ってください
・反射層を傷つける恐れがありますので、高圧洗浄機は使用しないでください

Cその他
施行前の保管方法
・性能が劣ることがありますので、温度18℃〜30℃、相対湿度45-55%の条件で保存し、ご購入から一年以内にご使用ください
・反射性能やプリズム構造にダメージを与えることがありますので、箱に入れたまま保存し外からの衝撃を避けてください

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について