NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.10.18現在
 
技術
名称
ワンマン測量システムによる省人化施工 
事後評価済み技術
(2012.08.01)
登録No. KT-070094-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
−VE:平成29年 4月20日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2008.02.18
副    題 トータルステーションTPS1200シリーズによるワンマン測量の実現 区分 製品
分 類 1 調査試験 − 測量 − 地上測量 
概要
@何について何をする技術なのか?
測設(杭打ち、丁張り)、地形測量、路線測量等の測量業務において1名の作業員での測量を可能とする技術

A従来はどのような技術で対応していたのか?
器械側に1名とプリズム側に1名の2名以上の作業員を配置して測設(杭打ち、丁張り)、用地測量等を行っていた。

B公共工事のどこに適用できるのか?
・地形測量におけるTSによる細部測量
・路線測量におけるIPの設置、中心線測量、標杭の設置、仮BMの設置、用地幅杭設置
・河川測量における距離標設置
・深浅測量における測深位置(船位)の測定
・用地測量における境界測量、点間距離測量、面積計算

・測設(杭打ち、丁張り)
・基準点が亡失している場合の復元作業
・座標がわかっている埋設物の位置の特定

TPS1200ワンマン測量システムによる測設風景
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
リモートコントローラーによりトータルステーションをプリズム側で操作し、1人の作業員での測量が可能です。
従来技術ではトータルステーション側とプリズム側に最低1名づつ作業員を配置する必要がありました。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・省人化施工によるコスト削減

TPS1200ワンマン測量システムによる効率化
適用条件
@自然条件
・制限無し。

A現場条件
・TSとプリズムの間の視通が確保されていること。

B技術提供可能地域
・技術提供可能地域について制限無し。

C関係法令等
・「国土交通省公共測量作業規程 (平成15年度発行)」
適用範囲
@適用可能な範囲
・地形測量におけるTSによる細部測量
・路線測量におけるIPの設置、中心線測量、標杭の設置、仮BMの設置、用地幅杭設置
・河川測量における距離標設置
・深浅測量における測深位置(船位)の測定
・用地測量における境界測量、点間距離測量、面積計算

・測設(杭打ち、丁張り)
・基準点が亡失している場合の復元作業
・座標がわかっている埋設物の位置の特定

A特に効果の高い適用範囲
・測設(杭打ち、丁張り)

B適用できない範囲
・TSとプリズムの間に視通が確保できない場合

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・「国土交通省公共測量作業規程 (平成15年度発行)」
留意事項
@設計時
・基準点と測設ポイントの間の視通が確保されるか確認のうえ、作業計画を作成する必要がある。

A施工時
・測設ポイントは稼働中のメモリーデバイス上のジョブに存在している必要がある。
・TS杭打ちプログラムで使用する座標系と設計データの座標系を一致させてから作業を開始する必要がある。
・TSが作業員が使用しているプリズム以外の反射物(背後の自動車ヘッドライト、反射鏡など)をプリズムとして認識していないかどうか確認しながら作業する必要がある。
・TS及びリモートコントローラーのバッテリーの充電状態を確認してから作業を開始する必要がある。
・TS側に作業員がいないため、通行人のTSへの衝突、盗難などが起こらないように工夫する必要がある。

B維持管理等
・特に無し

Cその他
・特に無し

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について