NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報


「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。

更新履歴


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明













            

2014.04.20現在
 
技術
名称
照明機能付き表示装置 
事後評価済み技術
(2011.04.18)
登録No. KT-060116-V
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
活用促進
技術
設計比較
対象技術
少実績
優良技術














有用な新技術の適用期間、評価情報等

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2008.01.17
副    題 バルーンタイプ表示装置 区分 製品
分 類 1 電気通信設備 − 電気設備 − 道路照明、トンネル照明設備 
分 類 2 付属施設 − 道路付属物工  
分 類 3 仮設工 − その他  
概要
@何について何をする技術なのか?
工事看板と照明装置を一体化する技術

A従来はどのような技術で対応していたのか?
工事看板と照明装置を別個に準備し、組合せ

B公共工事のどこに適用できるのか?
殆ど全ての種類の工事に適用可能な汎用技術である

従来技術と新技術の違い
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・照明光源を光の照射が不均一な、スポットライトタイプから均一なバルーンタイプに変えた
・看板の材料を金属から、軽くて薄い半透明の布製シートに変えた
・半透明の布製シートをバルーンに容易に貼り付け可能な構造にした
・看板(半透明布製シート)を伸縮自在マストに取り付け,高さを自由に調節可能な構造にした

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・光源をバルーンタイプにすることで,使用ランプの電力消費が低減され、電気料金を約22%削減することが
が可能となった。(400W 4灯を1000W 1灯に変更可能となった。)
・半透明布製シートを採用することにより、軽量化され、運搬、保管が容易となった。また、複数の看板を、
ひとつのバルーンに貼り付けることが可能であるため,コストメリットも向上した。更に,眩しさが軽減された。
・半透明布製シートを、光源であるバルーンに貼り付けることで,夜間でも見易い看板が実現し、通行者
にとって安全性が向上した。
・高さの調整を可能にしたことで,障害物などに遮られることなく、遠方からでも看板の確認が可能となり、
安全性が向上した。

Bその他、補足説明
従来、緊急、臨時などの夜間工事現場においては、複数の金属製工事看板と、作業者の作業領域を照明
するために、複数のスポットライト光源(多くの場合4灯)を持つ投光機が使用されていた。 ここに提供する
新技術を使用すれば、1灯によるバルーンタイプ光源に、複数の半透明布製シートを使用した看板を貼り
付けることで, 低コスト、省エネルギーで安全性の高い装置が実現する。。 すなわち、夜間でも見易い
工事看板であると同時に、作業領域に必要な照明も与えることができる "照明機能付き表示装置"である。
電源として発電機を搭載できるので, 一般の商用電源が無い現場や、事故、災害などで,緊急又は臨時
に夜間工事を行う場合に特に威力を発揮する。
 
適用条件
@自然条件
周囲温度 : ‐5度Cから+40度Cの範囲
相対湿度 : 降雨の中でも連続使用可能

A現場条件
引火性ガスの近くでは使用できない。
それ以外は、特に制限なし。

B技術提供可能地域
技術提供可能地域については制限無し。.

C関係法令等
電気用品安全法に適合している。
適用範囲
@適用可能な範囲
汎用の装置として、多くの種類の工事に適用可能である。

A特に効果の高い適用範囲
・照明機能を有するので,夜間の工事で大きな効果を生む。
・表示位置が高いので,遠方から確認する必要がある場合は、特に有効である。
・発電機を搭載できるので、商用電源が利用できない現場で特に有効。

B適用できない範囲
・地面の傾斜が激しい場所では、設置が不安定となるので使用できない。
・最大4.5mまで揚げることを特徴とするので,上部高さに制限のある場所
では使用できない場合がある。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・電気用品安全法
・自社基準(添付資料-1)
・国立環境研究所--電力の一次エネルギー換算について(添付資料-2のページ3)
・寺村リサーチラボ--エネルギーの換算について(添付資料-3のページ2)
・JIS C 0920:203又はIEC 60529--防水・防塵関連技術資料(添付資料-4のページ1,2)
留意事項
@設計時
見易さ、安全性を重視.

A施工時
・適切な看板(半透明布シート)をバルーンに、しっかりと貼り付け, 伸縮自在マストで
見易い高さに調節する。
・使用中の光源(ランプ)は、温度が高いので,素手で触らぬよう注意すること。
・強風下(目安として風速7m/s以上)では、マストの高さを調整して、転倒、破損などを未然に
防止する。

B維持管理等
・昼間は、省エネルギーのため消灯する。
・ランプの寿命は通常1万時間程度なので,スペアランプを準備しておく。

Cその他
メタルハライドランプの特性として,連続使用した後、一旦消灯すると、再点灯するのに
数分間の時間を必要とするが、故障ではない。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について