ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.07.24現在
技術
名称
コスミック工法 
事後評価未実施技術 登録No. KK-130057-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2014.03.31
副    題 長距離・急曲線推進工法 区分 工法
分 類 1 推進工 − 泥水推進工  
分 類 2 推進工 − 土圧推進工  
概要
@何について何をする技術なのか?
長距離急曲線推進工法。特に急曲線通過後、更に長距離を推進する工法。
・チェーン回転式摩擦低減装置を装着して、土砂と滑材の混合層を管全周に形成して推進管周囲の摩擦を低減する
・中間摩擦低減装置を装着して、長距離推進時の低推進力を維持する。
・曲線造形装置を装着して、急曲線を側圧に頼らず曲げる。
・管長を短くした特殊短尺中押装置を装着して、急曲線通過後に長距離を推進する。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
泥水式推進工法
・従来技術は、方向修正ジャッキで方向をコントロールしており、呼び径2000mmの場合はほぼ25Rまでの曲線にしか対応していない。
・従来技術は、推進管にある1か所からの滑材注入孔から滑材注入して摩擦を低減しているため、推進管周面の抵抗力を低減する効果は低く、低推進力を持続できる効果は少なく、推進管周面の抵抗力を低減する機能は劣る。
・従来技術の中押し装置では、急曲線(呼び径2000mmで曲線70Rまで)通過後に長距離を推進することはできない。
・従来技術は、呼び径2000mmで曲線70Rまでの曲線に適応できるが、それ以上の急曲線においては、掘削長を短くして、立坑の数を増加して対応する必要があるため、立坑の数だけ通行規制箇所が増加する。
B公共工事のどこに適用できるのか?
・上下水道管、雨水管、電力やガス管等を敷設する推進工事に適用可能。

コスミック工法概要図
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・チェーンとビットが管周囲を回転して土砂と滑材を混合し、管全周に土砂滑材混合層を形成できるチェーン回転式摩擦低減装置とした。
・滑材を複数孔から順次注入できる中間擦低減装置とした。
・曲線造形装置とした。
・呼び径の12.5倍程度までの急曲線(12.5D)を通過できる特殊短尺中押装置を設置。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・申請技術は、曲線造形装置により呼び径2000mmの場合は18Rまでの曲線に対応できる。
・申請技術は、中間摩擦低減装置により滑材を複数孔から順次注入でき、更にチェーン回転式摩擦低減装置によりチェーンとビットが管周囲を回転することにより、管全周に土砂滑材混合層を構築できるため、推進管周面の抵抗力を低減できる。
・申請技術は、管長を短くした特殊短尺中押装置により、急曲線(呼び径2,000mmで曲線30Rまでの曲線)通過後に更に長距離を推進することが可能。
・申請技術は、特殊短尺中押装置を使用しない場合は、呼び径2,000mmで曲線18Rまでの曲線に適応できるため、、立坑の数を減少することができ、立坑設置にともなう通行規制箇所を減少することができる。

コスミック工法配置例
適用条件
@自然条件
地中掘進のため、天候には左右されない。

A現場条件
占有スペースとして、立坑、プラント、資材等の設置スペースや作業スペースが必要。
泥水式推進工法では幅10〜30m、長さ10〜30mで合計300〜500m2
泥濃式推進工法では幅10〜25m、長さ10〜25mで合計250〜350m2
土圧式推進工法では幅10〜20m、長さ10〜20mで合計200〜350m2

B技術提供可能地域
・日本全国技術提供可能

C関係法令等
・建設業法
・労働基準法
・労働安全基準法
適用範囲
@適用可能な範囲
上下水道管、雨水管、電力やガス管等を敷設する推進工事に適用可能。

適用呼び径
・泥水式推進工法:φ800〜φ3000
・泥濃式推進工法:φ800〜φ2200
・土圧式推進工法:φ1350〜φ3000に適用可能

適用土質
・砂質土、粘性土、砂礫土、岩盤等に適用可能

A特に効果の高い適用範囲
・長距離推進
・急曲線通過後更に推進する場合、中間立坑の占有スペースが不要になる。

B適用できない範囲
・特になし

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・下水道推進工法の指針と解説:公益社団法人 日本下水道協会
・下水道用設計積算要領-管路施設(推進工法)編-:公益社団法人 日本下水道協会
・下水道用設計積算要領-管路施設(開削工法)編-:公益社団法人 日本下水道協会
・推進工法用設計積算要領 泥水式推進工法編:公益社団法人 日本推進技術協会
・推進工法用設計積算要領 泥濃式推進工法編:公益社団法人 日本推進技術協会
・推進工法用設計積算要領 土圧式推進工法編:公益社団法人 日本推進技術協会
・推進工法用設計積算要領 推進工法用立坑編:公益社団法人 日本推進技術協会
・推進工法用設計積算要領 推進工法応用編(長距離・曲線推進):公益社団法人 日本推進技術協会
留意事項
@設計時
・計画路線の土質を把握する。
・土質の適した面盤を検討する。
・推進力を算出し、推進力伝達材及び管材を選定する。

A施工時
・推進力が計画推力を上回らないように管理する。

B維持管理等
・急曲線区間では管内測量回数を増やし推進精度を維持する。

Cその他
・特になし