NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.09.23現在
 
技術
名称
Booth工事写真アプリ 
事後評価済み技術
(2016.12.12)
登録No. KK-130056-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
−VE:平成28年12月15日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2014.08.12
副    題 工事現場の写真撮影及び写真自動整理ができるスマートフォン用アプリ 区分 システム
分 類 1 CALS関連技術 − その他  
分 類 2 その他 − その他  
概要
@何について何をする技術なのか?

申請技術はスマートフォン内にインストールしたアプリケーションソフトウェア内で表示される電子黒板に入力した工事名、工種名、測点の内容を元に、撮影した写真が自動で分類され、インターネットを介してデータ保管・運用が可能で、リアルタイムでのデータ一元管理・共有化ができるシステム。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
従来は木製の黒板とチョークを使用したデジタルカメラによる出来形管理(写真管理)
・従来技術は、撮影した工事写真データに工事名、工種名、測点の属性値データを記録することができない。
・従来技術は、撮影した工事写真データに工事名、工種名、測点の属性値データが記録されておらず、自動振り分けが不可能なので、手作業で行う必要があるため、省力化は図れない。
・従来技術は、即時バックアップができないためデジタルカメラの紛失、故障といった際に、写真の再現が不可能な場合があり、また、写真撮影中にデジタルカメラのメモリーの容量不足の際にデジタルカメラ端末内の写真を削除できないため保全性は劣る。
・従来技術はデジタルカメラ内のメモリーチップをパソコンとケーブル接続してメモリーチップ内の写真データを取り込むため現場事務所で他の社員が閲覧、編集できず、リアルタイムで撮影した写真データの一元管理・共有化はできない。

B公共工事のどこに適用できるのか?

出来形管理(写真)業務を行う工事

スマートフォンアプリの写真撮影時画面
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

従来は公共工事の写真撮影は木製の黒板にチョークで書き込んで、黒板と現場風景を一緒に撮影していましたが、新技術では、スマートフォンの写真撮影機能内に電子的な黒板を配し、現場風景と同時に撮影して、自動で工事名、工種名、測点の内容が分類整理され、インターネットを介してリアルタイムでデータの一元管理や共有化が可能となるシステム。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

・申請技術は、スマートフォンアプリで撮影した写真は、電子黒板に入力した(あるいはメモリーから呼び出した)工事名、工種名、測点のデータを保持したまま記録できる。
・申請技術は撮影した写真データが保持している工事名、工種名、測点データにより撮影した写真がアプリ内のフォルダに自動で仕分けされ、フォルダ内の写真は測点の番号順(または撮影日付順)に自動で整理されるため手作業での写真整理の必要がなく、省力化が図れる。
・申請技術は撮影した工事写真をインターネットを介してクラウドサーバーに即時バックアップ保存できる。バックアップ保存したクラウドサーバー内の写真も工事名、工種名、測点の属性により分類保存されているのでスマートフォンの紛失、故障といった場合でも写真が整理されたまま再現可能である。またバックアップ保存ができているため、スマーフォン端末内の写真保存領域が不足した際には端末内の不要な写真を削除することが可能なためデータの保全性は向上する。
・申請技術はクラウドサーバーにバックアップ保存した写真をインターネット接続環境下のパソコンブラウザからもアカウントにログインして閲覧、編集が可能であり、即時確認、編集ができる。また、共有アカウントを発行できるのでIDとパスワードを現場事務所の他の社員に渡し、それを使ってログインすることでクラウドサーバー内の写真を閲覧、編集することができる。そのため現場で撮影して即時バックアップ保存された写真を現場事務所で他の社員が随時閲覧、編集できるため、リアルタイムで撮影した写真データの一元管理・共有化が行える。

工事写真長画面
適用条件
@自然条件
屋外での使用に際しては豪雨、豪雪時、水中、埃や泥が多い状況では使用不可。(防塵、防滴性の高いケースをかぶせた場合は使用可能)
屋内で使う場合は気象条件によらない。

A現場条件
[スマートフォン]
作業時間に見合うバッテリーあるいは充電可能でかつ、インターネットの接続できる環境が必要。
iOS 5.0以上のiOS端末(iPhone、iPad、iPod touch端末)が必要。

[パソコン]
パソコン用の電源確保が可能でかつ、インターネットに接続できる環境が必要。
[パソコン側対応ブラウザ]
Windows版
・Internet Expiorer 10.0以上
・Firefox 3.5以上
・Google Chrome 3.0以上
Mac版
・Safari 3.1以上
・Firefox 3.5以上
・Google Chrome 3.0以上

B技術提供可能地域
日本全国技術提供可能

C関係法令等
特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・出来形管理(写真管理)を行う土木工事、建築工事に適用可能。
・インターネット接続環境下で適用することができる。

A特に効果の高い適用範囲
雨、風が強い日、狭い場所での写真撮影、安全性が要求される現場

B適用できない範囲
クラウドサーバーに写真をアップロードする機能を使う場合インターネットの接続環境がない場所

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
特になし
留意事項
@設計時

A施工時

建設現場におきましては写真撮影者が手袋を着けてる場合が多く、その場合スマートフォン用の手袋を付けて操作をするか、一旦手袋を外して操作しなければなりません。またスマートフォン自体が現場の現場の土埃で汚れることがあります。

B維持管理等

Cその他

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について