ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.11.17現在
技術
名称
無溶剤型二液性エポキシ樹脂系防錆・防食塗料 
事後評価未実施技術 登録No. KK-130045-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.09.26
副    題 赤錆から黒錆(マグネタイト:Fe3O4)へ錆転換型防錆・防食塗料 区分 材料
分 類 1 道路維持修繕工 − 橋梁補修補強工 − 防食対策工 
概要
@何について何をする技術なのか?
鉄部に塗布し酸素還元処理することで酸化しない、錆転換機能(黒錆に転換)を付与した塗料。

A従来はどのような技術で対応していたか?
鋼橋既設外面塗装Rc-T仕様。
・従来技術は安定的な黒錆を生成することが困難である。
・従来技術は光沢・色が劣化が認められる
・従来技術は溶剤が揮発するため揮発性有機化合物(TVOC)を排出リスクが懸念される。

B公共工事のどこに適応できるのか?
既設橋梁鋼部および新設鋼橋梁の防食、既設RC構造物への注入剤としての内部鉄筋防食、鋼構造物の防食・塩害対策工事

六甲有料道路新土橋補修施工状況
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較をして何を改善したのか?)
・鉛、クロム等の有害重金属は一切配合していません。
・キシレン、トルエン等の有機溶剤は一切配合していません。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・申請技術は赤錆を黒錆(安定錆)(マグネタイト)に転換することが可能.。
・申請技術は中・上塗塗料(シラン系)は紫外線を15年間照射継続後も光沢を保持し色も変化しない。
・申請技術は有害重金属・有機溶剤を用いないため揮発性有機化合物(TVOC)の排出リスクがないため、有害性が無い。

Bその他
グリーン購入法に基づく特定調達品目に適合。
 
適用条件
@自然条件
大雨、強風、積雪時、気温5°C以下、湿度90%以上。は施工不可。

A現場条件
作業スペース 0.5mx0.5m=0.25m2。

B技術提供可能地域
日本全国技術提供可能。

C関係法令等
グリーン購入法。
適用範囲
@適用可能な範囲
既設橋梁鋼部および新設鋼橋梁の防食、既設RC構造物への注入剤としての内部鉄筋防食、鋼構造物の防食・塩害対策工事

A特に効果の高い適用範囲
鋼橋補修工事等(橋梁、プラント、塩害地区)、コンクリート注入剤。耐薬品性(下水道処理場内壁<耐薬品性>)。

B適用できない範囲
施工時に湿度が90%以上になる現場、気温5℃以下の現場。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元。
・現鋼道路橋塗装、防食便覧(平成17年12月) ・土木工事安全施工技術指針。
留意事項
@設計時
現地状況の把握。

A施工時
気温5°C以上、湿度90%以下の確認。

B維持管理等
黒サビ転換状態の管理確認。

Cその他