NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.07.22現在
 
技術
名称
ソーラー式LED看板照明 
事後評価済み技術
(2016.08.04)
登録No. KK-110011-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.02.10
副    題 ソーラー発電を電源としたLED式看板照明 区分 製品
分 類 1 仮設工 − その他  
分 類 2 道路維持修繕工 − その他  
分 類 3 付属施設 − 道路標識設置工  
概要
@何について何をする技術なのか?
ソーラー発電を利用し、夜間、道路工事、迂回路等を示す看板の視認性をあげるための照明

A従来はどのような技術で対応していたのか?
主に発電機を電源(100V)とする、蛍光灯を用いていました。
しかしながら、十分な転倒の対策を行っていても転倒時には蛍光灯が破損する可能性があった。

B公共工事のどこに適用できるのか?
・道路工事
・迂回路表示等
型式及び寸法
名 称  形 式  外形寸法  重量 
ソーラー式LED看板照明 SLKS-1 本体サイズL588mm φ85.8mm 取付アーム長さ 215mm  1640g 
 KLG-007 本体サイズW245×D313×H140.5mm(写真左) 2000g 

看板照明シリーズ
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・ ソーラーパネルとバッテリーを組み合わせることにより、発電・蓄電を行い外部電源を必要とせずに道路工事・迂回路等の看板を照らし注意喚起を行う照明です。
その為、夜間の住宅地など設置に際して騒音・振動が全くなく、周辺環境に配慮が可能です。
・ 本体は、強化プラスチック(ポリカーボネイト)で出来ており、強風などにより看板の転倒時に破損しにくい材質です。
・ 明るさ調整機能は有しません。


A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・商用電源や発電機を必要としないため、騒音・振動が全くないため、周辺環境に配慮が可能です。
・ソーラー発電と超寿命のLED(約4万時間の寿命)を組合せた製品のため、電池交換などのメンテナンスの必要がありません。

LED看板照明構造図
適用条件
@自然条件
風・雨・雪の対応 設置に於いては、強風、豪雨、降雪時を避けること。
但し、防滴構造のため設置後は問題なし。

A現場条件
設置スペース 約550×500mm2

B技術提供可能地域
日本全国に技術提供可能

C関係法令等
適用範囲
@適用可能な範囲
・道路工事における迂回路等についての看板設置
・看板横幅500mm以上、厚さ19〜25mmの看板に適応可能です。

A特に効果の高い適用範囲
・発電機を必要としないため、商用電源を得られない山間部などに設置効果があります。
・騒音を発しないので、夜間、住宅地などの注意喚起が必要な場所に向いております。

B適用できない範囲
・電源をソーラー発電に依存するので、屋内や遮光物のある場所。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし
留意事項
@設計時

A施工時
太陽光パネルを上向き(空に向け)に取付け、建物などの影になりにくい場所に設置し、転倒防止対策を確実に取る必要があります。

B維持管理等
完全放電した場合、満充電には10時間程度必要とします。
また、KLG-007については、ソーラー発電による充電に加え、ACアダプターによる充電も可能です。
約4時間で充電可能です。

Cその他
充電について 本技術の充電はソーラーパネルで可能です。(KLG-007はACアダプターでの充電に対応しています。)
照明を必要としない昼間は太陽光がソーラーパネルに当たる場所に設置し、充電を行うことで連続して使用可能です。
バッテリーの残量について 本技術ではバッテリーの残量を表示するものはありませんでしたが、
KLG-007について、バッテリー残量を示すインジケータを追加しました。

SLKS-1
スイッチ(取扱説明書参照)をオンしたのち赤色のLED(取扱説明書参照)が点灯しない場合には、バッテリーの残量が
不足しておりますので、スイッチをオフし一日程度太陽光で充電を行ってください。

KLG-007
スイッチ(取扱説明書参照)をオンしたのち充電インジケータが要充電を示す時、バッテリーの残量が 不足しておりますので、
スイッチをオフし一日程度太陽光で充電を行うか、付属のACアダプターを使用し充電を行ってください。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について