NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。

更新履歴


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2016.07.28現在
 
技術
名称
スーパーカルマー 
事後評価済み技術
(2016.03.30)
登録No. KK-020031-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.04.12
副    題 上下刃低速回転ハサミ刈り方式の草刈アタッチメント 区分 製品
分 類 1 道路維持修繕工 − 道路除草工 − 道路除草工 
分 類 2 河川維持 − 堤防除草工 − 除草工 
概要
@何について何をする技術なのか?
本技術は、肩掛け式草刈機におけるアタッチメント刃です。
スーパーカルマーは、従来草刈機とエンジン回転数は同じですが、アタッチメント内部に減速ギヤを有しているため回転数を1/20程度に抑え、上下刃の逆回転によるハサミ刈方式により、小石等の飛散が極めて少なく、除草作業者または第三者への危険リスク軽減に役立ちます。
スーパーカルマーと通常の刈刃を使用場所によって使い分けることで、飛散防止対策が省略でき、経済性の向上も期待できます。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
従来は、一方向に刃が高速で回転するため、小石などを飛散させ、人身や物損の事故が起きることがありました。そのため、路肩や歩道に近い堤防除草等での除草では、飛散防止対策をしながら除草していました。

B公共工事のどこに適用できるのか?
肩掛け式草刈機を使用する除草工に適用可能。

C製品バリエーション
スーパーカルマーの肩掛け式草刈機の適合サイズは、下表の通りです。
このほか、スーパーカルマーと肩掛け式草刈機のセット製品(ASK-H25A)もあります。
弊社においては、製品の販売のみです。
スーパーカルマーの肩掛け式草刈機適合表
型式 アウターパイプ外径(o) ドライブシャフト外径(o) ドライブシャフト歯数 ドライブシャフト歯形 
ASK-N23A 24 6 10 スプライン 
ASK-N23B 24 7 7 スプライン 
ASK-N23C 24 7 13 セレーション 
ASK-N23D 25 7 7 スプライン 
ASK-N23E 26 7 7 スプライン 
ASK-N23F 26 8 9 スプライン 
ASK-N23G 24 5.2 4 スクエア 
ASK-AJ23 24・25・26 6・7・8 ― ― 
ASK-R23 24・25・26 6・7・8 ― ― 
ASK-R23Y 24・25・26 6・7・8 ― ― 
ASK-R23K 24・25・26 6・7・8 ― ― 

 
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・従来の回転刃は高速回転であったが、従来の1/20に減速させた。
・従来の一方向の回転から、上下2枚刃を逆回転させるハサミ刈方式とした。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・減速機構とハサミ刈方式により、小石等の飛散が極めて少ないため、安全性が向上する。
・飛散防止対策が必要な路線において、刈刃を本製品に取り替えることで、コスト縮減効果が期待できる。

除草状況
適用条件
@自然条件
除草作業なので、雨天時は作業不可能.。

A現場条件
従来の肩掛け式草刈機の刈刃を、本製品に取り替えるだけで使用可能。
作業ヤードは従来と同様、除草場所から半径1m程度必要です。

B技術提供可能地域
日本全国技術提供可能。(送料は別途)

C関係法令等
特になし。
適用範囲
@適用可能な範囲
本製品を取付可能な肩掛け式草刈機が必要。(肩掛け式草刈機と本製品がセットになった商品もあります。)

A特に効果の高い適用範囲
・飛散が少ないため、人や車輌が通行する場所などに適用が高い。
・低速回転であるため、障害物と接触しても衝撃が少なく、構造物周り等への適用が高い。

B適用できない範囲
・肩掛け式草刈機の適用範囲外の場所。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
特になし。
留意事項
@設計時
飛散防止の必要が無い現場においては、施工性・経済性が劣ります。

A施工時
アタッチメント内部は、精密なギヤ構造となっていますので過度な衝撃を与えないで下さい。

B維持管理等
特になし。

Cその他
除草後は、刃の研磨・グリスの注入・異物の除去などメンテナンスをして下さい。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について