NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.08.18現在
 
技術
名称
太陽電池式自発光視線誘導灯「タワーライト」 
事後評価未実施技術 登録No. HK-190007-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.07.04
副    題 太陽電池と蓄電池を一体型にしたLEDによる視線誘導灯 区分 製品
分 類 1 付属施設 − 道路付属物工  
概要

@ 何について何をする技術なのか?
太陽電池と蓄電池を一体型にしたLEDによる視線誘導灯。

A 従来はどのような技術で対応していたのか?
商用電源式視線誘導灯(自発光スノーポール)

B 公共工事のどこに適用できるのか?
道路付属物工。

C その他
吹雪等の視程障害に対し、太陽電池と高輝度LEDを組み合わせた太陽電池式視線誘導灯で、車両をLED発光により注意喚起及び道路線形を示し安全な走行を誘導する。

現場1
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・従来は商用電源方式であったが、自然エネルギーを利用した太陽光発電方式とした。
・ソーラーパネルを1方面だけではなく、3方面に配置。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・太陽光発電方式にしたことによって設置の際、電気工事が不要となり設置コストが低減される。
・ソーラーパネルを3方面に配置することで、パネルを必ずしも南向きに設置する必要性がなくなった。
・太陽光エネルギーを利用することでCO2削減につながり、環境負荷を軽減できる。

Bその他
・LED発光色は基本緑色であるが、希望に応じて他色に変更することも可能である(LED数も変更の場合あり)。

現場2
適用条件
@自然条件
・設計時の日照条件:太陽光が十分に当たる場所
・施工時の気象条件:強風、強雨、吹雪等悪天候以外の天候時

A現場条件
設置場所:路側、中央分離帯の建築限界外に設置

B技術提供可能地域
技術提供可能地域については制限なし

C関係法令等
特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・山道、峠等 商用電源確保が困難な場所でも、容易に設置が可能。
・φ76.3支柱で単独建柱以外に防護柵(ガードケーブル、ガードレール)支柱、高欄支柱添架による設置と適用範囲は広い。

A特に効果の高い適用範囲
・道路照明がなく、危険なカーブ地点。
・降雪、吹雪等で視程障害になる地域では、道路線形・中央分離帯を明示。

B適用できない範囲
トンネル内、樹木、建物等で日照を遮る場所(太陽エネルギーを利用しているため)。

C適用にあたり、関係する基準および引用元
昭和59年視線誘導標設置基準 3-1-2(2) 設置間隔
留意事項
@設計時
・太陽光発電のため、十分に日照が当たる場所に設置すること。日照不足の場所に設置した場合はバッテリー寿命を短くし、不動作(不点滅)の原因となる。
・積雪地域では、積雪高を考慮して事前に降雪量による支柱高の検討が必要である。

A施工時
・本体に強い衝撃を与えるような乱暴な扱いをすると、故障の原因となる。
・本体の取付は支柱とのがたつきがないようビスの締め付け(3カ所)を確実に行うこと。
・進行車両に対し、LED発光が良く視認できる角度に調整し取り付けること。

B維持管理等
・排ガス等で太陽電池・LED発光部の汚れがひどくなると、発電効率低下により不点滅や視認効果低下の原因になるので必要に応じて清掃すること。
・取付ビスが緩んでいないか定期的に確認すること。

Cその他
・本体上部のカバー(黒)は絶対に開けないこと。故障の原因となる。
・分解・改造等による故障は、保証対象外となる。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について