ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.07.21現在
技術
名称
ボルトテスター 
事後評価未実施技術 登録No. HK-180001-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2018.04.10
副    題 ハンマ打撃によるあと施工アンカーの健全性試験装置 区分 製品
分 類 1 調査試験 − 構造物調査 − 非破壊試験、調査 
分 類 2 道路維持修繕工 − その他  
分 類 3 トンネル工 − 施工管理 − 施工管理 − 品質管理
概要
@何について何をする技術なのか?
ハンマ打撃にって,あと施工アンカーの健全性や,ボルト・ナットの折損やゆるみを検出する試験装置

A従来はどのような技術で対応していたのか?
引張試験

B公共工事のどこに適用できるのか?
あと施工アンカーを施工する工事全般
ボルト・ナットを施工する工事全般
・道路付属物工事
・道路付属物維持修繕工事
・トンネル設備工事
etc

Cその他・追記・詳細
本装置では,接着系アンカーの樹脂量不足,金属系アンカーの固着不足,ボルトの折損,ナットのゆるみ等を非破壊で検出することが出来ます。ボルトの健全性を検査する場合は,ボルトの頂部を軸方向に打撃します。ナットのゆるみを検出する場合には,ナットを横から打撃して測定します。

ボルトテスター測定器本体
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
あと施工アンカーの非破壊試験装置は今まで存在しておらず,直接的に比較対象となる技術は存在していなかった。
ハンマヘッドに取付けられた加速度計で,ボルト・ナットを打撃した際の打撃力波形を計測。打撃力波形から入力に対する反力の時間遅れや,反力の大きさを測定することであと施工アンカーおよびボルト・ナットの健全性を検査する装置です。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・簡便性:測定はハンマで対象物を軽打するだけ。打撃角度による補正等は必要としない。
・機動性:装置はハンディタイプで機動性が高く、測定スピードが速い。
・客観性:健全性の評価基準が理論的根拠を以て明確に設定でき、客観的な判定が可能。
・データ保存:判断の根拠となる打撃力波形をデータとして保存。
・測定時間の短さと機動性の高さから,全数検査も容易で工事品質の向上に繋がる。
 
適用条件
@自然条件
5℃以下はコンピューター部を温める必要がある。
降雨時には,コンピューターが濡れないよう注意が必要。
水中での測定不可

A現場条件
測定対象に測定員が接触できること。

B技術提供可能地域
制限なし

C関係法令等
制限なし
適用範囲
@適用可能な範囲
ハンマヘッド重量より軽いあと施工アンカーおよびボルトナットの健全性試験に適用可能
ハンマは1400g,450g,195gのタイプがあります。

A特に効果の高い適用範囲
樹脂系あと施工アンカーの樹脂量不足,金属系アンカーの固着不足の試験

B適用できない範囲
ハンマヘッド重量より重いあと施工アンカーおよびボルトナットには適用不可
ハンマは1400g,450g,195gのタイプがあります。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
特になし
留意事項
@設計時
ボルトテスターが適用可能な範囲であるか,予め確認することが必要です。

A施工時
管理基準値は,測定対象のボルト・ナットによって異なります。一般的に使用されているものについては,メーカーや代理店から提供しますが,
基本的に管理基準値は,使用者および管理者が定めるものです。全数検査適用前にキャリブレーション試験を実施すると,測定精度の向上や装置適用の可否を判断することが出来ます。

B維持管理等
装置は,機械的な作動部分はありませんので,頻繁な校正試験を必要としませんが,年1回程度は校正試験を受けるよう推奨します。

Cその他