NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。

更新履歴


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2016.05.26現在
 
技術
名称
超低騒音型締固め機械 
事後評価済み技術
(2013.10.18)
登録No. HK-110006-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
活用効果調査が不要な技術です。(VE)

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.02.22
副    題 超低騒音化技術を装備した締固め機械 区分 機械
分 類 1 舗装工 − 路盤工  
分 類 2 舗装工 − アスファルト舗装工 − アスファルト舗装工 − 車道舗装工
分 類 3 舗装工 − アスファルト舗装工 − 排水性舗装工 − 車道舗装工
分 類 4 舗装工 − アスファルト舗装工 − 透水性舗装工 
分 類 5 土工 − 土工 − 締固め工 
概要
@何について何をする技術なのか?
・超低騒音型締固め機械を用いた締固め技術。
・国土交通省低騒音型建設機械指定制度の超低騒音型の指定を受けている。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・低騒音型締固め機械を用いた締固め技術。

B公共工事のどこに適用できるのか?
土木工事と舗装工事。
超低騒音機種一覧
型式名称 形式 運転質量(kg) エンジン定格出力(kW) 締固め幅(mm) 
R2-2 マカダムローラ 9,980 54.6 2,100 
TS160-2 タイヤローラ 2,900 14.6 1,300 
TW200-1 振動コンバインドローラ 1,230 11.5  800 
TW230-1 振動コンバインドローラ 1,310  11.5  900 
TW250-1 振動コンバインドローラ 1,380  11.5  1,000 
TW352S-1 振動コンバインドローラ 2,640 19.2 1,200 
TW502S-1 振動コンバインドローラ 3,540 25.5 1,300 
SW200-1 振動タンデムローラ 1,330 11.5  800 
SW250-1 振動タンデムローラ 1,550 11.5 1,000 
SW352S-1 振動タンデムローラ 2,940 19.2 1,200 
SW502S-1 振動タンデムローラ 4,090 29.1 1,300 
R2-4 マカダムローラ 10,100 54.6 2,100 
TW354 振動コンバインドローラ 2,640 18.2 1200 
SW354 振動タンデムローラ 2,940 18.2 1200 
HV520 ハンドガイドローラ 620 4.2 595 
HV620 ハンドガイドローラ 640 4.2 650 
TW504 振動コンバインドローラ 3,540 18.2 1,300 

超低騒音型締固め機械
新規性及び期待される効果
どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・騒音発生部分に超低騒音対策部品を採用した。
・騒音の低減を図りつつ、エンジンの冷却性能を向上させた。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・超低騒音対策部品の採用により、機械運転手及び機械周辺作業者の聴覚確保が図れ、安全性が向上した。
・超低騒音対策部品の採用により、施工現場周辺の騒音公害の低減ならびに施工適用範囲が拡大した。
・エンジンの冷却性能を向上させたことにより、機械寿命の延命が図れる。

Bその他
・国土交通省 低騒音型・低振動型建設機械の指定に関する規定より、
ロードローラ、タイヤローラ、振動ローラにおいて、
機関出力が55kW未満は101dB(A)を下回る騒音で低騒音指定となり、
95dB(A)を下回る騒音で超低騒音指定となる。
機関出力が55kW以上の場合は104dB(A)を下回る騒音で低騒音指定となり、
98dB(A)を下回る騒音で超低騒音指定となる。
 
適用条件
@自然条件
・特に無し。
A現場条件
・特に無し。
B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限なし。
C関係法令等
・道路交通法
・労働安全衛生法
・平成9年旧建設省告示1537号の「建設機械の騒音及び振動の測定値の測定方法」
適用範囲
@適用可能な範囲
・土木工事と舗装工事における締固め作業。
A特に効果の高い適用範囲
都市部や住宅地、夜間工事など施工現場周辺での騒音公害に考慮が必要とされる締固め作業。
B適用できない範囲
従来の締固め機械と同等。
C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・道路交通法による小型特殊免許、または大型特殊免許。
・安全衛生法によるローラ特別教育。
・平成9年旧建設省告示1537号の「建設機械の騒音及び振動の測定値の測定方法」
留意事項
@設計時
・従来のローラと同等。
A施工時
・運転作業に関しては、大型特殊免許の取得、ならびにローラ特別教育を受講すること。
・アスファルト混合物の締固め作業に使用する場合は、アスファルト混合物付着防止剤(ネッパランシリーズ)を使用すること。
B維持管理等
・散水/液剤ノズルや各種フィルタ、作業輪のスクレーパ等の保守、点検。
・コンバインドローラやタイヤローラの場合はタイヤの空気圧等の点検。
・油脂類の保守、点検。
Cその他
・特に無し。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について