NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.12.08現在
 
技術
名称
防草シート「はるん田"」 
事後評価未実施技術 登録No. CG-190007-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.07.09
副    題 柔軟性が良く施工もしやすい、コストパフォーマンスに優れた防草シート 区分 製品
分 類 1 道路維持修繕工 − 道路除草工 − 防草工 − マットタイプ
分 類 2 公園 − 公園除草工  
概要
@何について何をする技術なのか?

道路の中央分離帯・路側帯・交通島・緑地・公園等に群生する雑草について、障害になってから排除するのではなく、シートの敷設により障害にならない(生えてこない)状態に保ち続けるための技術。


A従来はどのような技術で対応していたのか?

機械除草工。

B公共工事のどこに適用できるのか?

道路除草工、公園除草工。

防草シート・副資材商品紹介
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

・雑草対策として通常年に2回程度継続して行われている機械除草に対して、本技術の耐久性に優れる防草シート敷設により約10年は雑草を抑制することができる。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

・防草シートを施工することにより、日常管理における除草が不要となるため、現場作業に付帯する事故発生リスクが低減し、安全性が向上する。また、草が成長することがないので、交通障害の減少、景観の維持が図られる。
 
適用条件
@自然条件

雨天時、降雪時は、副資材のテープの粘着力が低下してしまうため、施工は避けること。

A現場条件

草が生えている場合は、除草後に施工すること。また、不陸のある場合は、整地後に施工すること。

B技術提供可能地域

技術提供地域については、制限なし。

C関係法令等

特になし。
適用範囲
@適用可能な範囲

道路除草工、公園除草工。



A特に効果の高い適用範囲


雑草の生長により交通障害が発生している場所。


B適用できない範囲


30度以上の勾配を持ち、長さが2mを超えるような急斜面。



C適用にあたり、関係する基準およびその引用元

特になし。
留意事項
@設計時

恒常的に人や車両の立ち入る箇所に施工する場合においては、シートの耐久年数が短くなるため、当該箇所へ砕石を敷く等して、シートを保護する必要がある。
標準シートと裏張り付きシートの使用区分について、標準シートは、法面などのように飛来種子が付着しにくい場所や水はけのよい場所、イネ科などの強い貫通力のある草の生えない場所。裏張り付きシートは、平坦な場所で飛来種子が付着しやすい場所、イネ科などの強い貫通力のある草が生える場所。

A施工時

施工前に必要に応じて除草・整地を行う。施工する場所によってピンの間隔と重ね合わせ幅を設定する。


B維持管理等

穴や破れの修繕対策として、大きい穴や破れについては、本製品を重ねるように敷設すること。小さい穴や破れについては、弊社副資材での対応でも良い。また、 シート上にタバコ等が投げ捨てられた場合、炎は燃え広がる事はほぼないが、シートが熱で溶け穴が空く場合がある。(紙屑、落ち葉などがある場合は着火する可能性あり)

Cその他

特になし。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について