NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.10.18現在
 
技術
名称
エコ機能付ガソリンエンジン溶接機 
事後評価済み技術
(2017.04.05)
登録No. CG-120036-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
−VE:平成29年 4月20日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2013.03.22
副    題 負荷に応じて適正なエンジン出力となるようにエンジン回転数を制御し、低燃費を図ったガソリンエンジン溶接機 区分 機械
分 類 1 建築 − 鉄骨工事  
分 類 2 建築 − 鉄筋工事  
分 類 3 道路維持修繕工 − 橋梁補修補強工 − 鋼板接着工 
分 類 4 河川維持 − その他  
分 類 5 仮設工 − その他  
概要
@何について何をする技術なのか?
・従来の無負荷状態でのスローダウン機能に加え、負荷状態でもエンジンの回転数を制御して、最適なエンジン回転数で溶接作業を行い燃費の向上を図る技術。
・発電においてもインバータを搭載することにより、任意の周波数設定が可能となり、溶接作業同様、最適なエンジン回転数で発電作業を行い燃費の向上を図る技術。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・溶接については、スローダウン機能を装備して、エンジンの低速回転数と高速回転数を切り替えていた。
・発電については、インバータが搭載されていなかったので、エンジンの回転数を制御することができなかった。



B公共工事のどこに適用できるのか?
溶接機を必要とする工事に適用可能。
・鉄骨工事
・鉄筋工事
・橋梁補修工事
・河川工事
・基礎工事等
エコ機能付ガソリンエンジン溶接機諸元
 EGW150MD-I EGW150MC-I EGW150MC-C EGW2800MI EGW180MC-I EGW185M-I 
定格出力電流 DC140A DC140A DC140A DC120A DC170A DC170A 
定格使用率 50% 50% 50% 50% 50% 50% 
電流調整範囲 DC40〜150A DC40〜150A DC40〜150A DC40〜135A DC45〜182A DC45〜185A 
使用溶接棒 2.0〜3.2mm 2.0〜3.2mm 2.0〜3.2mm 2.0〜3.2mm 2.0〜4.0mm 2.0〜4.0mm 
交流補助電源容量 単相100V, 3.0kVA 単相100V, 2.5kVA 単相100V, 2.5kVA 単相100V, 2.8kVA 単相100V, 3.0kVA 単相100V, 3.5kVA 
使用燃料 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン 
燃料タンク容量 12L 12L 12L 10L 15L 15L 
定格運転連続時間(溶接) 約7.5h 約7.5h 約7.5h 約7.5h 約7.0h 約9.0h 
定格運転連続時間(発電) 約5.5h 約6.0h 約5.0h 約5.0h 約6.0h 約6.2h 
外形寸法 689x498x625mm 706x494x625mm 706x494x625mm 689x498x625mm 746x494x682mm 730x545x647mm 
乾燥質量 75kg 78kg 76kg 61kg 98kg 95kg 
低騒音型建設機械 超 超 超 超 超 超 
エコ溶接 ○ ○ ○ ○ ○ ○ 
エコ発電 ○ ○ × ○ ○ ○ 

溶接負荷の燃費及びエンジン回転数
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・溶接負荷状態でもエンジン回転数を自動コントロールできる制御回路を搭載した。
・インバータ保護のため過熱保護装置を搭載した。
・インバータを搭載した。
・ボディーカバーを外すねじを10本とした。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・溶接負荷状態でもエンジン回転数を最適にコントロールできるので、燃費の改善に繋がる。
・過負荷となってインバータの温度が基準値以上になると、負荷を遮断してインバータを保護する。
・インバータの搭載により、周波数をエンジン回転数に依存する必要がなくなり、エンジン回転数を低く抑えることができたので燃費の改善に繋がる。
・ボディカバーが楽に取り外せることにより、メンテナンス性の向上が図れる。

EGW150MD-I(エコ機能付ガソリンエンジン溶接機)
適用条件
@自然条件
・従来技術と同様

A現場条件
・従来技術と同様


B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限なし

C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
【電流調整範囲】
・DC40〜150A(EGW150シリーズ)
・DC40〜135A(EGW2800MI)
・DC45〜182A(EGW180MC-I)
・DC45〜185A(EGW185M-I)
【使用溶接棒】
・2.0mm〜3.2mm(EGW150シリーズ, EGW2800MI)
・2.0mm〜4.0mm(EGW180MC-I, EGW185M-I)
【交流補助電源容量】
・単相100V, 2.5kVA(EGW150MC-I, EGW150MC-C)
・単相100V, 2.8kVA(EGW2800MI)
・単相100V, 3.0kVA(EGW150MD-I, EGW180MC-I)
・単相100V, 3.5kVA(EGW185M-I)

A特に効果の高い適用範囲
エンジン回転数制御回路及びインバータを搭載したことで、エンジン回転数を制御することが可能となり、溶接及び発電の負荷が少ない場合特に 燃費が良くなる。


B適用できない範囲
・従来技術と同様

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし
留意事項
@設計時
・使用環境、用途、溶接部材等の確認。


A施工時
・取扱説明書記載の注意事項を参照すること。
・降雨時にエンジン溶接機を使用しないこと。

B維持管理等
・取扱説明書に記載してあるとおり、メンテナンスを実施すること。

Cその他
・特になし。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について