NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。

更新履歴


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2016.06.27現在
 
技術
名称
LEDバルーンバッテリー投光機 
事後評価未実施技術 登録No. CG-120017-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2012.10.15
副    題 振動、騒音、排気ガスの出ないバッテリーを電源としたLEDバルーン照明装置 区分 製品
分 類 1 仮設工 − その他  
分 類 2 環境対策工 − 騒音防止対策工  
分 類 3 トンネル工 − その他  
分 類 4 道路維持修繕工 − その他  
分 類 5 舗装工 − その他  
概要
@何について何をする技術なのか?
・夜間工事等の照明に、振動や騒音、排気ガスの出ないバッテリーを電源として360°照明可能なLEDバルーンを点灯させる技術。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・従来は、発動発電機を電源とし、メタルハライドランプ等を組み込んだ照明装置であった。

B公共工事のどこに適用できるのか?
・投光機が必要な工事現場に適用可能。
LEDバルーンバッテリー投光機(諸元表)
モデル SMB240LLG(軽量タイプ) SMB240LBG(軽量タイプ) SBL120LBG(本格タイプ) 
【灯具部関係】      
種類 高輝度白色LED 高輝度白色LED 高輝度白色LED 
容量 240W 240W 240W 
全光束 22,200lm 22,200lm 22,200lm 
作業時高さ 2,760〜1,990mm 2,760〜1,990mm 3,795〜2,450mm 
収納時寸法(灯具なし)(LxWxH) 1095x451x660 1095x451x660 1105x785x1870 
【バッテリー部関係】      
バッテリー種類 リチウムイオン 鉛メンテナンスフリー35Ah 鉛メンテナンスフリー35Ah 
バッテリー数量 6個 3個 6個 
充電時間-80% - 約2時間 約4時間 
充電時間-満充電 約3時間 約7時間 約9時間 
連続点灯時間(満充電時) 約8時間 約5時間 約10時間 
インバータ装備 無 無 無 
バッテリー搭載時総質量 82kg 104.5kg 227kg 

【左:軽量タイプ、右:本格タイプ】
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・LEDバルーン照明の電源を発動発電機からバッテリーに変更した。
・バルーン照明をメタルハライドランプ等からLEDランプに変更した。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・バッテリーを電源とすることで直接的な振動・騒音・排気ガス排出をなしにすることが出来る。
・発動発電機と比べてCO2排出量の大幅な削減が可能。
・バッテリー充電の電気使用料金は、発動発電機の燃料使用料金より大幅な削減が可能。
・LEDランプの寿命は約50,000時間、メタルハライドランプの寿命は9,000時間から12,000時間でありランプ交換の省力化が行える。
・メタルハライドランプ等の点灯、再点灯時間は5分から15分掛かるのに対し、LEDランプは、瞬時点灯・再点灯が可能で作業効率の改善につながる。
・LEDランプは、紫外線の放出がほとんどなく虫が集まりにくい。
・LEDランプの発熱量は、78℃とメタルハライドランプの171℃に比べ低く危険性が低い。

外姿図
適用条件
@自然条件
・周囲温度:-10℃から40℃の範囲
・天候:従来と同様(防滴構造)
・風速10m未満(最大高さの場合)

A現場条件
設置スペース
・1095x451x660mm(リチウムイオンバッテリータイプ)


B技術提供可能地域
・技術提供地域については、制限なし


C関係法令等
電気用品安全法
適用範囲
@適用可能な範囲
連続点灯時間
・最大照度の状態で満充電から約8時間の連続点灯が可能
作業時高さ
・2,760mm〜1,990mm(リチウムイオンバッテリータイプ)

A特に効果の高い適用範囲
・騒音、振動、排気ガスの発生を避けたい場所の工事で大きな効果を生む。
・トンネル内や屋内等の換気の悪い場所。

B適用できない範囲
作業高さ
・1,990mmを下回る高さ(リチウムイオンバッテリータイプ)


C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし
留意事項
@設計時
使用する前に以下の事を考慮する。
・時間(何時間照らせるか?)
・商用電源のある場所では、充電しながらの点灯が可能。
・下部をより明るくする反射バルーンタイプもあり。
・スペース

A施工時
・使用前に充電を行う。
→満充電約3時間(リチウムイオンバッテリータイプ)
・地盤のしっかりした水平な場所に設置する。
・移動・車載などの運搬時は、必ずマストを倒す。
・クレーンによる設置が必要。

B維持管理等
本機を長く使用していただくためには、バッテリーの管理が重要なポイントになる。
・風通しがよく、雨水の掛からない場所に保管すること。
・使用後は、必ず満充電にして保管する。放電した状態での保管はバッテリーの寿命を著しく縮める。

Cその他
・リチウムイオンバッテリーの寿命は、電力容量が100%から60%にまで劣化するまでの耐久サイクル1000回以上、8000時間が目安。
・リチウムイオンバッテリー交換時の定価販売価格・・・60,000円/個(平成24年7月現在)
・レンタルの場合はご相談下さい。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について