ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.06.18現在
技術
名称
3次元レーザースキャナーによる出来形計測システム 
事後評価済み技術
(2018.04.26)
登録No. CG-080025-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













(2018.4.26〜)
旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
−VE評価:平成30年4月26日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2018.04.26
副    題 地上型3次元レーザースキャナーを活用した非接触型出来形計測システム 区分 システム
分 類 1 調査試験 − 測量 − 地上測量 
分 類 2 トンネル工 − 施工管理 − 施工管理 − 出来形管理
分 類 3 橋梁上部工 − 施工管理 − 施工管理 − 出来形管理
分 類 4 舗装工 − 施工管理 − 施工管理 − 出来形管理
分 類 5 土工 − 施工管理 − 施工管理 − 出来形管理
概要
@何について何をする技術なのか?
本システムは施工中もしくは施工後の橋梁やトンネル等の構造物出来形を、非接触型計測システムである地上型3次元レーザースキャナーを活用して3次元で計測を行い、そのデータをもとに一般図を作成したり、設計図面との比較を行い出来形管理を行うものである。また、情報化した3次元データを、後の経年変位および災害防止のための基本データとして活用・保存しておくことが出来る技術である。特徴として、
○非接触で計測を行うため、安全な場所から対象物をそのままの形状で正確に計測できる。
○計測で取得したデータをもとに、決められた測点以外での任意断面の形状を再測する事無く把握できる。
○災害発生時、危険箇所に立ち入る事無く災害地形を計測する事により、災害の規模・災害の原因究明及び・再発防止の資料として役立てる事ができる。
○計測対象物に関係する設備等に変更が発生した場合、全断面計測なので将来の設計データに活用・協議が行える。
○継続的な計測を行う事により、対象物の経年的な挙動の確認に使用できる。
○橋梁やトンネル等の構造物に限らず、法面などの土工の出来形や土量管理にも使用できる。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
○従来は、計測者がトータルステーションを使用し直接計測していたため、危険作業や高所作業を伴っての計測を行う場合があった。(例:トンネル天井など高所作業車を用いて計測)
○従来は決められた測点しか計測しておらず、計測測点以外の出来形情報は不明だった。
よって、測点間の詳細な断面が必要になった場合、再測する必要があった。
○従来の計測値は部分的な設計データとの比較にしか使用できず、詳細な一般図を作成する事はできなかった。

B公共工事のどこに適用できるのか?
出来形管理用データおよび地形データが必要な処。
具体例として、
○トンネル・橋梁・ダム等の構造物形状計測・出来形計測及び一般図作成
○トンネルコンクリート舗装のための3次元データとして使用、及び施工前のコンクリート数量算出
○土工区間の縦横断計測・土量管理及び一般図作成
○災害地や急傾斜地など、直接計測が困難な場所での非接触による安全で高密度な計測及び一般図作成
○施工図が無い古い既設構造物の3次元によるデータ化および図面化
○重要な文化財・建造物をデータ化・保存し次世代に引き継ぐ
装置構成(機器リスト)
NO 装置名称 仕様 
@ 3次元レーザースキャナー本体 265×370×510mm・18.5kg 
A 操作用通信ケーブル LANケーブル 
B 電源ケーブル 専用ケーブル 
C 専用三脚 木製伸縮三脚 
D バッテリー 36V/80W密閉型鉛蓄電池 
E 操作用PC WindowsXP SP1以上のもの 
F データ合成用ターゲット 6インチ径 丸型チルト&ターンターゲット 

レーザースキャナー標準構成
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
従来はトータルステーションの直接接触による「単点」での計測であったが、新技術は非接触で1秒間に最大5万点の点群データ及び写真データを高密度に連続取得することにより「面」的3次元計測が可能となり、より正確に対象構造物の形状をデータ化し保存できる。
また、取得したデータは独自のデータ処理技術により、必要に応じた図面データ(汎用CADデータ)に変換できる。


A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
○高所作業車の使用等、危険作業や高所作業が不要なため、従来より安全に計測が行え、現場の作業時間・経費が削減できる。
○従来は決められた測点しか測定されておらず、測点以外の出来形の検証は行われていなかったが、新技術では計測した範囲内であるなら必要任意箇所で断面情報及び位置情報(3次元座標)が取得できるため、従来より品質管理が向上する。
○計測した範囲は、全て3次元座標データ(点群データ)でデジタル情報として残す事ができるため、机上で現場状況を詳細に確認でき、次世代に正確に受け継ぐ事ができる。
○継続的に計測を行えば経年的な挙動の確認に使用でき、現状診断や予防保全等において立体的な維持管理に活用できる。


Bその他の特徴
○危険箇所でも300m離れた場所から安全に計測でき、計測データの加工・保存が容易に行え蓄積できるため、様々な計測対象物の維持管理に活用できる。
3次元レーザースキャナーテクニカルデータ
一般 装置概要 2軸補正機能付タイムオプライト式レーザースキャナー 
 デジタルカメラ 高解像度デジタルカメラ内蔵 
性能:単発測定精度 座標 ±6mm(距離50mでの値) 
 距離 ±4mm(距離50mでの値) 
 ターゲット測定精度 ±2mm(標準偏差) 
装置 測定距離 300m@反射率90% 
 スキャンスピード 最大50000点/秒(瞬間値) 

3次元レーザースキャナー計測概要
適用条件
@自然条件
○使用温度:0〜40°
○雨や降雪時・濃霧等の場合は計測不可能

A現場条件
○設置スペース 1m×1mが必要
○計測対象物と計測機械の距離が1.5m〜300m

B技術提供可能地域
○技術提供地域については制限無し

C関係法令等
○特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
○設置位置を基準に水平範囲360°×垂直範囲270°、計測対象物までの測定可能距離は1.5m〜300m。
○計測対象物の詳細な一般図やデータが必要な場合は、100m以内が望ましい。
○計測密度は1mm以上。

A特に効果の高い適用範囲
非接触で300mまで高速高密度で対象物を計測できるため、
○立ち入り危険区域などの危険箇所の計測
○決められた時間内での計測(例:潮の満干が関係する干潟計測)

B適用できない範囲
○測定距離が300mを超える対象物
○計測機械のレーザーが反射しない現場(水中の対象物等)

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
○特になし
留意事項
@設計時
○あらかじめ現場状況を確認し、効率的かつ効果的な最良の作業計画(基準点の位置や計測機械設置予定場所等の確認)を行う。
○調査対象物により測定密度の設定を行う。

A施工時
○機械設置場所は軟弱地盤はさけ、重機等の振動による誤差の影響が少ない場所に設置する。
○機械設置場所は計測対象物との間に障害物が無いように心がける。

B維持管理等
○特になし

Cその他
○本システムは自社による施工となります。