NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.11現在
 
技術
名称
かたわくエコちゃん 
事後評価済み技術
(2014.12.12)
登録No. CG-080020-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
活用効果調査が不要な技術です。(VE)

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.07.24
副    題 特殊なポリプロピレンシートを接着したコンクリート型枠用合板 区分 材料
分 類 1 コンクリート工 − コンクリート工 − 型枠工 − 一般型枠工
分 類 2 コンクリート工 − コンクリート工 − コンクリート打設 
分 類 3 建築 − コンクリート工事  
概要
@何について何をする技術なのか?
ポリプロピレン樹脂と有機廃繊維を複合化し、厚さ0.7mm前後のポリプロピレンシートを作成し、JASコンクリート型枠用合板に定められた厚みの11.5mmから12.5mmの合板の表片面に表皮材として接着した構造のコンクリート型枠用合板である。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
従来のコンクリート型枠は、金属型枠・プラスティック型枠などがあるが、主に南洋材を使用した合板および合板の表片面にウレタン樹脂を塗布した塗装合板が普及している 。
本商品は開発したポリプピレンシートを合板表面に接着したコンクリート型枠用合板である。

B公共工事のどこに適用できるのか?
コンクリート型枠用合板を使用する工事で、橋梁・橋脚・内、外壁の土木工事等および建物・集合住宅の内、外壁・柱の建築工事等で使用される。

本商品のコーナー部
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・従来の塗装合板の表面は、表面がウレタン塗膜であるが、本商品は合板表面に、開発した特殊なポリプロピレンシート(厚さ0.7mm前後、表面硬度100前後)を接着している。
・一般的なポリプロピレン樹脂は、温度や湿度変化によって大きな伸びが発生することがあるが、本商品の特殊なポリプロピレンシートは伸びを少なく抑えた合板の表皮材である。

A期待される効果は?(新技術メリットは?)
・耐久性の向上
・転用回数の向上でトータルコストの削減
・ CO2削減に貢献
・転用回数の向上で木材資源使用量の削減に貢献
・有機廃繊維のリサイクルに貢献
・廃材は固形燃料として重油燃料の代替の貢献。
・コンクリート表面の仕上がりの質の向上(ノロが少ない・合板表面のコンクリート表面へのかみこみが発生しない・コンクリート表面に塗膜の付着が発生しない。)

Bその他
・のこぎり等による切断・セパ穴開け・釘うちなどの加工性は従来の塗装合板と同様程度。
・桟木との釘締めとなじみがよいので従来の塗装合板同様パネル加工が可能。
・コンクリートの剥離性がよく、剥離剤を使用すれば、ノロが簡単に取れ、けれん作業が楽です、かたわくエコちゃんの表皮の塗膜の破損はありません。
・タイル張りの外壁で20回転用の実績があります。







かたわくエコちゃんの脱型後のけれん作業状況
適用条件
@自然条件
・特になし。

A現場条件
・型枠の建て込み可能な場所

B技術提供可能地域
・運送可能な地域

C関連法令等
・特になし。
適用範囲
@適用可能な範囲
・コンクリート型枠として使用できる範囲。

A特に効果の高い適用範囲
・塗膜の付着が許されないコンクリート表面。
・合板表面かみこみが許されないコンクリート表面。
・ノロの付着が許されないコンクリート表面。
・型枠の転用回数が多い時。
・CO2の削減効果をあげる時。

B適用できない範囲
・コンクリート型枠として使用できない範囲。
留意事項
@設計時
特になし。
A施工時
特になし。
B維持管理
特になし。
Cその他
特になし。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について