NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.11.25現在
 
技術
名称
山型吹付枠工法(eフレーム) 
事後評価未実施技術 登録No. CB-170007-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2017.04.03
副    題 金網状の山型吹付枠を用いて吹付材料を安定保持でき、水切り不要でコスト削減や作業性向上に効果のある吹付枠工 区分 工法
分 類 1 共通工 − 法面工 − コンクリート法枠工 − 現場吹付法枠工
分 類 2 共通工 − 法面工 − 地山補強工 
概要
@何について何をする技術なのか?
本工法は法面の安定を目的として、山型吹付枠を連続して格子状に設置し、山型吹付枠に沿って吹付作業をすることにより均一な形状の構造体が形成され、急勾配や急斜面にも対応できる法枠です。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
従来の吹付枠工は、上面が開放された側面型枠を設置後吹付し、枠内の排水処理として水抜きパイプや水切りコンクリートを施して、法枠全面にコテ仕上げを行う手間が掛っていた。
また、従来の法枠は矩形断面のため、枠内の縁に法枠の日陰ができやすく、植物が育たずに地山が見えていることもあった。

B公共工事のどこに適用できるのか?
道路、林道、急傾斜、地滑り対策、ダム、砂防、治山、河川、宅地造成の法面(切土・盛土)および自然斜面に適用できる。

山型吹付枠「eフレーム」各種
種類 規格 標準梁間隔 
eフレーム100 H=100 W=300 c.t.c1300 
eフレーム150 H=150 W=350 c.t.c1500 
eフレーム200 H=200 W=350 c.t.c1500 

 
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・従来の側面型枠ではできなかった、山型吹付枠(eフレーム)に吹付けるだけで吹付材料を安定保持させることを可能にした。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)、
・山型吹付枠が全面にあるため、吹付材料を安定保持し、吹付材料の垂れによるクラックが発生しにくく、急勾配や急斜面の現場で施工が可能になる。
・山型吹付枠があることで吹付の目安となり、施工中でも出来形の確認ができる。
・山型吹付枠は吹付けるだけで出来形が仕上がり、コテ仕上げの必要がなく、手間が減り、工期短縮やコスト削減できる。
・形状を山型にすることで、枠内の排水は山型に沿って流れるため、水抜きパイプや水切りコンクリートが不要で、コスト削減できる。
・形状を山型にすることで、枠内の縁に法枠の日陰が少なくなり、法枠を覆い隠すほど植物が自然に成長する「自然緑化」に期待できる。
単位体積重量表
種類 規格 単位重量 規格 単位重量 
吹付枠工 200×200 1.7kg/m 150×150 1.2kg/m 
山型吹付枠(eフレーム) 200タイプ(H=200 W=350) 1.2kg/m 150タイプ(H=150 W=350) 1.1kg/m 

 
適用条件
@自然条件
土砂〜中硬岩までの地質に適用

A現場条件
1:0.3以下の緩い勾配

B技術提供可能地域
制限なし

C関係法令等
特定外来生物による生態系に係る被害防止に関する法律
適用範囲
@適用可能な範囲
1:0.3以下の緩い勾配

A特に効果の高い適用範囲
・工期短縮したい現場
・急勾配や急傾斜の現場
・植物誘導による景観保全

B適用できない範囲
・整形が困難な起伏の激しい法面
・1:0.3を超える斜面勾配

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・のり枠工の設計・施工指針(改訂版第3版) 平成25年10月 (社)全国特定法面保護協会
留意事項
@設計時
特になし

A施工時
出来形管理の高さ測定は、斜面に対して山型吹付枠の山頂を垂直に計測してください。

B維持管理等
特になし

Cその他
特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について