NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.11.25現在
 
技術
名称
ボーソー板によるグレーチング部の防草対策 
事後評価未実施技術 登録No. CB-160020-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.11.14
副    題 遮光板を用いてグレーチング下の、側溝内の防草対策を行う技術。 区分 製品
分 類 1 道路維持修繕工 − 道路除草工 − 防草工 − その他
分 類 2 道路維持修繕工 − 橋梁付属物清掃工  
概要
@何について何をする技術なのか?
1)グレーチング下に遮光板を設置し、側溝内に日光が入らないようにする事で、雑草の成長を阻害して防草対策を行う技術です。側溝内の土砂上に落ちた種子は発芽し一旦雑草が発生しますが、日光が遮られているため、その後の成長が阻害され枯れてしまいます。
2)防草対策により、側溝内のゴミ詰まりが防止出来、排水能力が維持が可能で、維持管理作業が不要になり、コスト削減が可能です。
3)遮光板を用いるため、無農薬の防草対策で周辺環境に優しく、長期間効果が維持出来ます。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
従来は道路側溝及び集水桝、管理桝のグレーチング部分には防草対策は行われていませんでした。

B公共工事のどこに適用できるのか?
1)道路用側溝及び円形水路におけるグレーチング部及び集水桝、管理桝部
2)橋梁部の集水桝部

雑草繁殖実験状況
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
1)従来、側溝内で繁殖する雑草の防草対策は行われていませんでした。特に、グレーチング部で雑草が繁殖すると、排水断面の阻害と、ゴミ詰まりの原因となり、排水処理の妨げになります。そこで、遮光板を設置し、雑草の成長阻害による防草対策を行いました。
2)遮光効果を確保しつつ、雨水を円滑に側溝内に取り込み、更に、ゴミ等が詰まり難い形状で有る事を実験で確認しています。
3)長期間使用出来るように、防蝕性の高いZAM鋼板を使用しています。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
1)グレーチング下にボーソー板を設置するだけで、側溝内の雑草繁殖が阻害され長期間にわたり防草効果が得られます。
2)側溝内に雑草が繁殖しないため、ゴミ詰りが発生し難く、排水処理能力が維持出来ます。
3)雑草が繁殖しないため、雑草除去及び、雑草による側溝内のゴミ詰まりを除去するコストが削減出来ます。
4)施工済みの既設グレーチング部にも設置が可能で、施工後は定期的なメンテナンスが必要なく、維持コストも必要ありません。
5)グレーチング部及び集水桝部からの雑草が表面に出て来ないので、通行の安全性が確保され、景観も損ないません。

グレーチング部雑草繁殖状況
適用条件
@自然条件
特になし。

A現場条件
特になし。

B技術提供可能地域
制限なし。

C関係法令等
特になし。
適用範囲
@適用可能な範囲
1,000mm×1,000mm 以下のグレーチング

A特に効果の高い適用範囲
グレーチング寸法 300mm×300mm〜500mm×500mm
側溝及び集水桝の深さ H=150mm〜1,500mm
交差点内のグレーチング

B適用できない範囲
グレーチング寸法 1,000mm×1,000mm 以上。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
特になし。
留意事項
@設計時
グレーチング受枠及びグレーチング形状に合わせて形状を決める必要があります。

A施工時
ボーソー板には集水部の形状が2種類あり、片勾配タイプと両勾配タイプより現場の状況に合わせて選択して下さい。
既存グレーチング部に施工する場合は、既存グレーチングが約2mm高くなります。
(場合によっては、従来より2mm飛び出す可能性があります。)

B維持管理等
目視による確認。

Cその他
特になし。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について