NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.02.20現在
 
技術
名称
コンクリート構造物のひび割れ検出塗装システム 
事後評価未実施技術 登録No. CB-120002-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.03.15
副    題 予め構造物に特殊な塗装をして、その塗装された構造物のひび割れ箇所を紫外光照射により発光させ検出するシステム 区分 システム
分 類 1 調査試験 − 構造物調査 − 非破壊試験、調査 
概要
@何について何をする技術なのか?
予めコンクリート構造物の表面に特殊な塗装をしておき、以後に発生したひび割れ箇所に特定波長の紫外線を当てると発光することでひび割れ箇所を検出するものです。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
コンクリート構造物のひび割れを
・ 車上からの目視
・ 徒歩による目視・遠望
・ 現場でのスケッチや、机上で展開図の作成
のように点検していました。

これらによるひび割れ検出は、点検者が熟練していないと発見できず、また見落としもありました。
本システムを活用すると、ひび割れが紫外線を当てると発光するので、点検に熟練度は不要で、誰でも素早く、正確にひび割れを発見出来ます。


B公共工事のどこに適用できるのか?
公共性の高い構造物、又は、施設で予防保全を行う必要があるものです。
・ 高架道路のコンクリート床版、橋桁、橋台、橋脚
・ 高架鉄道のコンクリート床版、橋桁、橋台、橋脚
・ トンネル内壁
・ 鉄鋼構造物
・ アンカーボルト周辺

Cその他
特殊な塗装は2層の異なる塗料で構成されており、第1層は紫外線にて発光する高弾性の塗料で第2層は紫外線を遮断する高硬度の塗料です。
基材のコンクリートにひび割れが生じると、第一層は高弾性で伸びるので、破断せず、第2層は高硬度なので破断して第一層が露出されます。
その露出部分に紫外線が照射されると発光することでひび割れを検出することができるものです。

定期的なひび割れ点検を要するコンクリート構造物の表面へ、本件塗装を施しておくことにより点検時には容易に、また精度高くひび割れ箇所を検出できるようになります。
そして、暗所や遠望での目視でもひび割れの発見が容易になります。
検出記録に関しても、直接構造物にチョーク等で書き入れたり、手書きでスケッチするのはなく、デジタルカメラで撮影し、デジタル画像で記録する事で、点検者の主観の入らない純粋なデータを取得でき、また、過去の記録と照会も容易になり、詳細点検を要する部位や範囲の特定、ならびに臨時点検に際する精度向上を図ります。

既に発生したひび割れに本塗装をしてもひび割れは紫外線により発光せず検出できないが、そのひび割れが広がった部分に関しては、第二層の塗膜は破断して紫外線照射で発光し、ひび割れを検出できます。
従来の「コンクリート構造物のひび割れ点検」方法との比較
比較項目 比較内容 従来の日常点検 本技術 従来の定期点検 
早期の異常検出 検出し易さ, 見落とし △ ◎ - 
検査品質の精度 点検品質の整合性 △ ○ ◎ 
変状の傾向分析 点検履歴との比較 △ ◎ ○ 
点検作業の速度 単位面積あたりの作業速度 ◎ ◎ △ 
作業者の安全性 点検時の作業性 ○ ○ △ 
所要コスト 長期費用比較 - ○ △ 

塗膜構成図
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

・ 特定波長の紫外線をあてることでひび割れ等の損傷箇所が発光する
・ 点検者各々の判断基準に頼る事なく、発光箇所がひび割れ箇所と認識できる。(点検者の熟練度は不要となる)
・ 日常的にひび割れ状況をデジタル画像で撮影し、過去の画像と比較するだけでその進行程度や変動を得る事ができる。
・ これらにより適切な時期に詳細点検箇所を抽出する事が可能となる。
・ 塗装塗膜が透明なので、詳細点検時に点検者が実際のひび割れ幅をクラックスケールを当てて測定できる。


A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

・ 熟練検査者による作業を軽減
・ ひび割れの見落としの低減。
・ 点検が簡易、安価なので検査回数を増やし、安全性の向上が図れる。
・ 地震等の災害時にも必要に応じて、ハンディライトを携行する事で、現地踏査によるひび割れの検査が安易に出来る。
・ ひび割れの記録を手作業によるスケッチから発光部位をデジタルカメラによる撮影に置き換えられることで、より客観的なデータを短時間に取得できる。
・ 第一層目の塗膜は高弾性塗膜であり、軽微な剥落程度であれば未然に防げる。
 
適用条件
@自然条件

・ 降雨,降雪や霧がないこと
・ 周辺温度 : 5℃以上
・ 相対湿度 : 85%以下


A現場条件

・ 作業時、 塗装する面が乾燥していること
・ 作業時、 粉塵等の飛散の無いこと


B技術提供可能地域

・全国


C関係法令等

・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲

・ 新設コンクリート (現場うち)
・ 新設コンクリート (二次製品)
・ 塗装塗膜面 (撥水・撥油塗膜は不可)
・ 補修直後の既設コンクリート

A特に効果の高い適用範囲

・ 将来的に定期点検を要求される部位, 構造物, 建設諸資材
・ 日常的に目視点検を要求される部位, 構造物, 建設諸資材
・ トンネル覆工コンクリート
・ 橋梁下部 (床版, 橋桁、橋台, 橋脚)



B適用できない範囲

・ 点検を要しない 「部位」
・ 点検を要しない 「構造物」
・ 点検を要しない 「建設諸資材」
・ 直射日光のもとで検査が必要な部分
(紫外線ライトで発光したひび割れが直射日光によって遮られ見えないため、しかし、室内の蛍光灯程度の明るさならば、ひび割れの発光は検出できる。)



C適用にあたり、関係する基準およびその引用元

・ 特になし
留意事項
@設計時

(点検前) 予め特殊塗料を塗装しておく必要があるため、 塗装足場が必要となる事がある。


A施工時

(塗装時) 特殊塗装に際し、周辺環境が適用条件に適したものであること。 (気温, 湿度等)
(点検時) デジタル画像取得の際は、 機材類が水濡れしないよう、降雨時は避ける事。


B維持管理等

(適用後) 一年に一回程度、機器類の動作確認等を行う。


Cその他

(点検時) 塗装完了後、翌日より点検作業が可能である。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について