NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.11.21現在
 
技術
名称
多段式非火薬破砕剤「NRC (New Rock Cracker)」 
事後評価済み技術
(2016.08.04)
登録No. CB-110029-VR
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VR
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.11.14
副    題 電子制御により多段発を可能にした非火薬の破砕剤 区分 材料
分 類 1 土工 − 土工 − 掘削工 
分 類 2 基礎工 − 深礎工 − その他 
分 類 3 トンネル工 − トンネル工(NATM) − 掘削工 
分 類 4 共通工 − 構造物とりこわし工 − ダイナマイト 
概要
@何について何をする技術なのか?
・火薬を使用せずに岩盤やコンクリート構造物を破砕する薬剤。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・静的破砕剤。
その他火薬類、大型ブレーカー、せり矢等により対応していた。

B公共工事のどこに適用できるのか?
・岩盤掘削工
・深礎杭掘削工
・トンネル掘削工
・コンクリート構造物取り壊し工

Cその他
・NRCは破砕剤の入った連結可能なカートリッジとイニシエーター(点火具)で構成されている。
・イニシエーターには、瞬発イニシエーターと段発イニシエーターがある。
・カートリッジは非危険物であるが、イニシエーターは危険物第5類の自己反応性物質(含有量0.06g/本)である。
・段発イニシエーターには電子式の延時装置が組み込まれており、平成28年8月時点において1段から40段までの40段発が製造可能である。
・瞬発イニシエーターは、発破器を用いて点火する。
・段発イニシエーターは専用のコントローラー(点火器)を用いて点火する。
・非火薬のため火薬類取締法の適用を受けないので、保管や消費許可等に係わる取り扱いが簡便である。
・テルミット反応による水蒸気圧で岩盤を破砕し、火薬に類似した破砕効果が得られる。この破砕効果と段発イニシエーターによりトンネルや深礎工への適用を可能にした。(テルミット反応とは、金属酸化物とアルミニウムとの粉末混合物における反応を指し、アルミニウムは金属酸化物を還元しながら3000℃近くの熱が発生する。)

カートリッジ ・ イニシエーター ・ コントローラー
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・従来は、セメントの膨張圧による破砕であったものを、テルミット反応による水蒸気圧を利用した破砕とした。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・テルミット反応による水蒸気圧を利用した破砕とすることにより、破砕効果が向上し穿孔本数を減らせるため工期の短縮、施工性の向上が期待できる。
・テルミット反応による水蒸気圧を利用した破砕とすることにより、破砕効果が向上し薬剤の量を減らせるため、経済性の向上が期待できる。
・段発イニシエーターの使用で、トンネルや深礎杭での適用が容易になり、施工性の向上が期待できる。

Bその他
・適当な段数の段発イニシエーターを使用することにより、通常の発破に比して振動を抑えることが可能である。
 
適用条件
@自然条件
・特になし。

A現場条件
・特になし。

B技術提供可能地域
・技術提供可能地域は制限なし。

C関係法令等
・消防法
適用範囲
@適用可能な範囲
・軟岩〜硬岩について適用可能である。
・屋内での適用も可能である。

A特に効果の高い適用範囲
・保安物件が近くにあるような都市近郊での掘削作業で、発破に類似した効果が求められる場合。
・火薬の使用が可能な現場で、予定より早く岩盤が出現し、火薬取締法に関する消費許可を取得するまでの掘削作業。

B適用できない範囲
・水深が10m以上の水中。
・引火性の液体や気体が近傍にある場所。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし。
留意事項
@設計時
・NRC使用説明書を参考にし、岩盤の状況に応じて破砕計画を作成すること。
・周囲の保安物件を確認し、確実な防護方法を検討すること。
・実施工前に小規模な試験破砕を実施し、破砕効果等を確認すること。

A施工時
・作業前に、漏洩電流がないことを確認すること。
・自主基準として火薬類取扱保安責任者、発破技師、コンクリート破砕器作業主任者の資格を有する者の中から、NRC作業責任者を選任すること。
・NRC使用説明書に従って、安全確認を十分に行いながら施工すること。
・カートリッジ内の破砕剤が固化している場合は、使用しないこと。
・装薬孔に水がある場合は、できるだけ排水すること。
・点火後、5分以内は破砕場所に立ち入らないこと。また、通常の発破作業と同様に人体に影響のない程度に後ガスが除去されるまで破砕場所に近づかないこと。
・カートリッジ及びイニシエーターは、鍵のかかる金属ロッカー等に保管し、帳簿を備え、出納数量を記録すること。
・本材料は火薬類ではないが、瞬時にエネルギーを放出するため、災害防止上の観点から火薬類取締法に準拠した取り扱いと管理を周知徹底すること。


B維持管理等
・あまったり使用できないカートリッジやイニシエーターは当社へ返却すること。

Cその他
・特になし。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について