NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.12.08現在
 
技術
名称
ドレーンシート工法 
事後評価済み技術
(2014.07.18)
登録No. CB-090002-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
−VE評価:平成30年3月15日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.03.05
副    題 のり面用侵食防止シート工法 区分 工法
分 類 1 共通工 − 法面工 − 植生工 − 植生ネット工
分 類 2 環境対策工 − 水質保全工  
分 類 3 砂防工 − 山腹工  
概要
@何について何をする技術なのか?

・近年、異常気象による自然災害が大きな問題となっている。特に、全国で台風や局地的な集中豪雨による被害が増加しており、この豪雨への対策が課題となっている。こうした課題に対して、当工法は、従来の植生シート工法に対し改善を行い、長期に亘る、優れた侵食防止を可能とした。

・当工法は、地山に密着することにより、初期および長期の侵食に対して、優れた耐侵食性を保持している。

・濁水の発生を抑制し、水環境への影響を緩和させることを可能としたものである。

・施工時期に関わらず、優れた侵食防止効果を発揮する。

・製品の適用地と構成素材の違いにより、ドレーンシート30、45、HA30、HA45、M30、M30-T、M45、M45-T、M45-U、M45-V、45-K、HA45-K、M45-K、M45-T-K、M45-U-K、M45-V-K、R、R+の18タイプがある。

A従来はどのような技術で対応していたのか?

・植生シート工(環境品)が選定される。

・植生が成立するまでの期間、雨滴などのより初期侵食を受ける可能性があった。

B公共工事のどこに適用できるのか?

・造成のり面および自然斜面において適応可能。

ドレーンシート施工品形態
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

(1)少量の降雨によってシート部(不織布含む)が地山に密着し、さらに降雨の継続により過剰となった水分が速やかに排出される。

(2)シート部に接着された土壌凝集剤は、土壌微粒子の流失を防ぐ。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

(1)土壌侵食防止
排水機能に優れたシート部(不織布含む)は、過剰な水分を速やかに排出し、初期侵食の防止を可能とした。

(2)濁水の発生抑制
シート部(不織布含む)に接着された土壌凝集剤は、土壌微粒子の流失を防ぎ、濁水の発生を抑制し、水環境への影響の緩和を可能とした。

(3)飛来種子による植生の期待
土壌微粒子の移動を長期に防止するため、飛来種子の定着、生育が期待できる。

シート部(不織布含む)地山密着状況
適用条件
@自然条件
通年施工が可能であるが、降雨時の施工は避ける。
現場条件に合わせ導入植物の配合が可能である。

A現場条件
・特になし。

B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限なし。

C関係法令等
・特になし。
適用範囲
@適用可能な範囲
・侵食を受けやすいのり面

A特に効果の高い適用範囲
・砂質土、粘質土等侵食をうけやすい土質。
・濁水のでやすい土質。

B適用できない範囲
・安定していないのり面

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・道路土工「のり面工・斜面安定工指針」
・国土環境緑化協会発行「環境緑化製品工法の設計手引き(案)」
・日本植生株式会社発行「ドレーンシート技術資料」
留意事項
@設計時
・のり面外部からの流水および湧水等には別途排水工を検討する。

A施工時
・降雨時の施工は避ける。

B維持管理等
・特になし。

Cその他
・強酸性土壌において適応する場合は、別途土壌改良を検討する。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について