ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.11現在
技術
名称
もやいドレーン 
事後評価済み技術
(2016.10.20)
登録No. CB-080007-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2012.05.28
副    題 通水方向にスパイラルパイプ状の空洞部を配列し、耐圧強度と透水性能を向上させた立体網状体構造の排水材 区分 製品
分 類 1 共通工 − 排水構造物工 − 暗渠工 − 暗渠排水管
分 類 2 共通工 − 擁壁工 − 基礎・裏込め砕石 
分 類 3 トンネル工 − トンネル工(NATM) − 排水工 
分 類 4 共通工 − 法面工 − その他 
分 類 5 共同溝工 − 共同溝工(現場打ち) − 防水工 
概要
@何について何をする技術なのか?
地下水・湧水・地表浸透水等を効率よく集排水する、合成樹脂製の土木用排水材。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
ヘチマ構造状透水マット、裏込砕石、有孔管など。

B公共工事のどこに適用できるのか?
擁壁裏面排水、トンネル裏面排水、法面排水、グランド浸透水排水、補強土壁排水など土木工事における排水工全般。

もやいドレーン
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・通水方向にスパイラルパイプ状の空洞部を配置したことにより、耐圧強度・透水性を向上させた。(耐圧強度についてはNEXCOトンネル設計要領に定められる圧縮率20%時の耐圧強度75KN/u以上をクリア。透水性については大阪府立産業技術総合研究所の通水実験にて確認)
・特に、トンネル裏面排水工用の製品には、コンクリート釘を打込み易くするために取付け用HDPE製ベルトを装着し、施工後の長さを確認するために1m毎に目印をつけた。
・芯材の原料に、再生ポリプロピレンを50%以上使用しておりエコマークを取得した。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・耐圧強度と透水性が向上したため、厳しい条件下においても排水材としての機能を損なわない。完成後の構造物においても、水の影響による弱化を防ぐ効果がより高い。
・取付け用HDPE製ベルトを装着したことにより、施工性およびコンクリート釘を打つ際の安全性が向上する。施工中に湧水が発生した時にも迅速に処理できるため、工事への 影響を抑えることができる。
・再生ポリプロピレンを使用することにより、省資源・循環型社会に貢献できる。

もやいドレーン製品規格
適用条件
@自然条件
特になし

A現場条件
特になし

B技術提供可能地域
全国

C関係法令等
特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
土木工事における排水工全般。原料のポリプロピレンは耐薬品性に安定しているため、酸・アルカリ性濃度の高い土壌や河川、海岸等に対しても適用できる。

A特に効果の高い適用範囲
耐圧強度と透水性が向上したことにより、大型擁壁の裏込排水工・多量の湧水が予測されるトンネルの裏面排水工・高盛土での安定排水工などに適している。

B適用できない範囲
特になし

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
(社)日本道路協会 「道路土工擁壁工指針」 「道路土工排水工指針」
NEXCO設計要領「第三集 トンネル編」
(財)道路保全技術センター「道路設計要領」
留意事項
@設計時
予測される湧水の量によって、製品規格(厚み・幅)を検討

A施工時
特になし

B維持管理等
特になし

Cその他
特になし