NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  過去のテーマ設定技術募集システムについて−建設廃棄物のリサイクル技術

1.建設廃棄物のリサイクル技術(平成13年度 テーマ)


<公募理由>
 建設廃棄物は産業廃棄物全体の2割を占め、そのリサイクル率はアスファルト・コンクリート廃材は約80%に達しているものの、木質廃材は40%、コンクリート廃材は60%と低迷しており、その向上が喫緊の課題となっています。

<公募に当たり満足すべき条件>
(1)原料の廃材が、コンクリート廃材、アスファルト・コンクリート廃材又は木質廃材であること。
(2)リサイクル品は従来品と同程度の品質、施工性を有する建設資材であること。
NETIS登録番号 技術名称 応募者名 概要
平成13年度選定技術
登録中 構造用再生骨材ダイヤゲイト 三菱マテリアル(株) コンクリート廃材から、コンクリート廃材の60%以上(骨材再利用率85%程度)の割合で、JISに適合する骨材を再生する技術
KT-000127 リ・バースコンクリート (株)奥村組 コンクリート廃材を搬出することなく、現場内で破砕し、主として無筋構造物用のコンクリートに再生する技術
KT-020035 高品質再生粗骨材「サイクライト」 (株)竹中土木 コンクリート廃材を加熱しない省エネルギーで、コンクリート廃材から、コンクリート廃材の25%以上(骨材再利用率55%程度)の割合で、JISに適合する骨材を再生するとともに、骨材として再生されなかった微粒分を土壌改良材として利用する技術
KT-980160 SKS工法 鹿島道路(株) アスファルト舗装廃材を破砕し、フォームドアスファルトを混合(常温)して路盤を構築する技術
登録中 エコ丸太 佐藤工業(株) 筒状の金網にチップ化した木質廃材を充填し、丸太材の代替として、法面土砂の流出防止等に使用する技術
KT-010054 エコ法枠 清水建設(株) 生分解性の袋にチップを詰め、法面の侵食防止と緑化促進効果を発揮する法枠として利用する技術
HR-990079 ピーエムシー(PMC)工法 上毛緑産工業(株) 廃材チップを発酵熟成させた後、下水汚泥と混合して堆肥化したものを、植物性粘着材と混合して吹き付け、緑化基盤を形成する技術

2.建設廃棄物(木質系廃材)のリサイクル技術(平成14年度テーマ)

<公募理由>
 本テーマは平成13年度「建設廃棄物のリサイクル技術」の1つとして公募を行ったものでありますが、以下の背景から今年度再公募する。なお、その他の昨年公募テーマについても、技術開発が引き続き進められるよう、次年度以降再公募する場合がある。平成12年度の建設副産物実態調査によれば、アスファルト・コンクリート塊及びコンクリート塊の再資源化率が目標値95%を超える一方で、木質系廃材のリサイクル率は約40%と進展しておらず、ほぼ横ばいと低迷している。本年5月に完全施行された建設リサイクル法の円滑な執行のためにも再利用率の向上は喫緊の課題である。昨年度の応募状況では、再資源化したチップを堆肥原料、マルチング材に利用するものが多く、ボード化する技術は少なかった。本年は利用用途・需要拡大を図るため、バージン材同等の板材、角材、型枠材等へのリサイクル技術が望まれました。

<公募に当たり満足すべき条件>
(1)原料の廃材が、木質系廃材であること。
(2)リサイクル品は従来品と同程度の品質、施工性を有する建設資材(板材、角材、型枠材)であること。
NETIS登録番号 技術名称 応募者名 概要
平成14年度選定技術
KT-020013 M-Wood 2 エクステリア ミサワホーム(株)
(株)テトラ
(株)エコウッド
廃木材をチップ化し更に微粉化したものと廃プラスチックを主原料とした100%再生原料で構成される再生デッキ材料の技術(デッキ材、景観材料、内装材などに使用できる)。また、再リサイクルが可能である。
SK-020002 MK-MWood 防護柵 松下寿電子工業(株) 廃木材・廃プラスチックを溶融混合した100%リサイクル材(天然木にはない耐久性・耐水性を備え、景観材としても最適)の合成木材でできた防護柵の技術。なお、主鋼材と木素材の被覆材は分離して再利用可能。


このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について